廃車の窓口®

日本全国の廃車すぐ対応!

車のスクラップで損しない方法は?手間とお金がかからない方法とその費用

更新日

2021年6月22日

廃車買取の専門家が丁寧に教えます!

>>この人が書いた他の記事

スクラップ車

すぐにスクラップ方法を確認する

「最近車の調子が悪い。そろそろ廃車かな?」
「まずスクラップをするって聞いたけど、なんだかよくわからない…

車のスクラップについてモヤモヤを感じているみなさん、こんにちは!
「廃車の窓口」受付担当の村上と申します。
「スクラップ」って詳しくはわからなくて…。お金はかかるのかな。

そんなあなたにまず知っていただきたいのは、車のスクラップには3つの方法があるということ。

  • 廃車買取業者にお任せする
  • 車販売店(ディーラー・中古車販売店)にお任せする
  • 自分でスクラップ工場に持ち込む

結論からお伝えすると、車のスクラップは「廃車買取業者」にすべてお任せするのが1番賢いです。
手間もお金もかからず、場合によっては買取金額がつくことも。

せっかくなら、これまで大切に乗ってきた愛車に見合った価値がつく方法でスクラップにしたいですよね…。

ということでこの記事では、車のスクラップについて3つの方法やスクラップすべき車をご紹介します!
できるだけわかりやすくご説明しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

車スクラップについてモヤモヤしている、あなたのお役に立てれば幸いです。
それでは参りましょう!

※私たち「廃車の窓口」でも、車のスクラップを受付しております。
基本的にお客様からお金をお支払いいただくことはなく、スクラップ後の面倒な手続きまで無料で代行いたします!

廃車のプロフェッショナル。廃車の窓口のポリシー。

当サイト『廃車の窓口』は、廃車のプロフェッショナルが加盟するネットワークです。

「廃車をしたいけど書類や手続きがややこしすぎる…。」
「専門用語が多くて、全然わからない!」

そんなあなたのために、廃車のお役立ち知識を丁寧にわかりやすくお教えします。

廃車買取の3つの約束
  • 面倒な廃車手続きを無料代行!
  • レッカー代無料で動かない車もOK
  • 事故車・故障車・放置車など
    どんな車にも必ず値段がつきます!
> 廃車の窓口のサービスについて詳しくみる! 廃車の窓口スタッフ

「車のスクラップ」とは車を解体すること

スクラップと廃車の違い

勘違いされる方も多いんですが、スクラップと廃車は別物です。
スクラップは車の解体廃車は一連の手続きのことを指します。

基本的には、車のスクラップと廃車手続きはセットです。
「スクラップだけおこなう」ことはなく、スクラップしたら廃車手続きもおこなう必要があります。

というのもスクラップをして車がなくなっても、廃車手続きをしなければ、書面上その車はまだ存在している状態が続きます。
すると、いつまでもスクラップした車の税金・保険料を払い続けることになってしまうんです!

また「廃車」には、永久抹消登録と一時抹消登録という2種類の手続きがあります。

永久抹消登録=その車に二度と乗らないときの手続き
手続きによって車が完全になくなったことになり、自動車税や保険料の支払いもストップ。
永久抹消登録をおこなうには、車のスクラップをすませておく必要があります。
軽自動車では「解体返納」と呼ばれます。

一時抹消登録=車の使用を一時的に中止するときの手続き
長期の入院、海外への出張など長期間車に乗らない場合にこの手続きを行います。
車をスクラップしない手続きというわけです。
この手続き後にスクラップして解体届出という手続きをすれば、永久抹消登録と同じ扱いになります。
軽自動車では「自動車検査証返納届」と呼ばれます。

なおスクラップした場合「部品取り→破砕処理」という流れで解体されます。

部品取りとは、廃車となった車から使える部品を取り外して再利用することです。
いくら廃車にするとはいっても、ホイールやエアコン(フロン)、エアバッグなどまだ再利用できる部品があるんですね。

とくにエアコン(フロン)、エアバッグは『自動車リサイクル法』という法律で取り外しが義務化されています。

この法律はゴミを減らしたり、資源をムダ使いしないために作られた法律です。
リサイクルにかかる費用を車の所有者が負担することや、有害な物質を回収することなどが定められています。
(参考:自動車リサイクル法とは|経済産業省

取り外した部品はカンタンに洗浄・整備され、国内で販売また海外へ輸出されるんです。

さてここまで車のスクラップについてご紹介してきました。
ではどんな車がスクラップを行うべきなのでしょうか?

スクラップがオススメな車

車が以下のような状態なら、スクラップをオススメします。

  • 事故車・水没車
  • 部品の欠落や不具合のある車

事故で全損、また水害等で水没してしまった車など走行が難しい場合は、買い替えた方が安上がりになるケースが多いです。
ちなみにスクラップが推奨される水没車の基準は、画像のように座席クッション上部まで浸水してしまった場合。

水没車の基準

車の底面ほどであれば修理して乗り続けられますが、ここまで浸水すると電気系統がかなり損傷している状態です。

また走行自体は可能なものの、故障がある車や走行距離が限界近い車はスクラップして買い換えた方が安全かもしれません。

具体的には以下のような車です。

  • 走行距離20万km以上
  • 部品が欠陥&車体に歪みあり
  • 走行中にガタ付きや異音あり

このようにいつ走行できなくなるかわからない状態であれば、買い替えも検討してみましょう。

一方である程度状態のいい車は、スクラップするのではなく中古車として買い取ってもらうのがおトクです。

  • 年式が新しい
  • 走行距離が短い
  • 車の外装、内装にキズ・凹み・汚れがない

スクラップした車の買取価格は、その時の鉄の相場によって変動します。
つまり値段が変動しやすい鉄にスクラップするよりも、場合によっては中古車として売ったほうがおトクなんですね。

スクラップはいわば最終手段。
「私の車もうだめかも…。廃車にしよう…。」とお考えの場合でも、諦めずにまずは査定をとってもらうのがオススメです!

ちなみに「廃車の窓口」では、車の状態に関わらず買取OK!
あなたの大切な車の状態や国内外の需要を見極めて、最適なルートで販売します。

まずは無料査定で、あなたの大切な愛車がいくらで買い取ってもらえるか確かめてみてくださいね!
▶車種、年式、走行距離の入力でOK!「廃車の窓口」はこちら

車をスクラップする3つの方法とその費用

車をスクラップする方法

おまたせしました!
ここでは車をスクラップにする3つの方法と、それぞれにかかる費用を解説します。

  • 廃車買取業者にお任せする
  • 車販売店(ディーラー・中古車販売店)にお任せする
  • 自分でスクラップ工場に持ち込む

それぞれ詳しく解説しますが、結論からお伝えすると「廃車買取業者」にお任せするのが一番賢い方法です。
というのも、販売店への依頼や自分での手配は諸々の手数料がかかるため、赤字になってしまうケースも多いんですね…。

「手っ取り早く知りたい!」という方のために、3つの方法の特徴をこちらの表にまとめました。

廃車買取業者 車販売店 スクラップ工場
スクラップ費用 0円 1万円
前後
1万円
前後
レッカー
費用
0円 1万円
前後
1万円
前後
手続き
代行費用
0円 1万円
前後
0円

なお買取金額については、どのスクラップ方法でも大きな差はありません。
車の状態や金属パーツの多さなどによって、0円〜数万円で買い取ってもらえる可能性があるんですね

それでは3つのスクラップ方法について詳しくみていきましょう!

①廃車買取業者にお任せする(1番ラク&おトク)

車をスクラップする方法1つ目は、廃車買取業者にお任せする方法です。

廃車買取業者にお任せすると、スクラップやその後の廃車手続きまですべて無料で代行してもらえるケースがほとんど。まず損することはないでしょう。

手間やお金をかけたくない方、少しでも高く買い取ってもらいたい方におすすめですよ。

なお買取価格の相場は0円〜数万円ほどとなっております。
車の状態によって買取の金額には差があるため、あくまで目安として参考にしてくださいね。

ではこの方法でスクラップする場合は、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

メリット

  • 自分で持ち込む手間が省ける
  • 廃車手続きの手間が省ける
  • 手続きを無料で進めてもらえる
  • 他の方法に比べ買い取ってもらえる可能性が高い

デメリット

  • 買取価値がある車に対して0円査定を出す業者もいる

時間や手間をかけずに済むのはありがたいですよね。
さらに他の業者では買い取ってもらえない車でも、廃車買取業者なら買い取ってもらえる可能性が高いです!

廃車買取業者は多数の販路があるため、どんなパーツでも無駄にせずに買い取ってもらえるんですね。

ではこのスクラップ方法の場合、どんな費用がかかるのでしょうか?

かかる費用

廃車買取業者に依頼すると、その後の手続きまで無料で対応してもらえます。

スクラップ費用 0円
レッカー費用 0円
手続き代行費用 0円

廃車買取業者があらゆる手続きを無料で代行できるのには、次の理由があります!

無料で代行してくれる理由 

  • 使える車の部品を再利用しているから
  • 鉄資源を再利用しているから

廃車買取業者は事前に取り外した再利用可能な部品や、スクラップ後の鉄資源の販売ルートを持っています。
そのため、スクラップや廃車手続きにかかる費用を無料にできるんです!

ちなみに「廃車の窓口」では車種や年式、走行距離を入力するだけでOKな無料査定のフォームをご用意しております。

「とりあえずいくらで買い取ってもらえそうかだけでも知りたい!」という方は、右側のフォームからご確認ください!

スクラップの流れ

廃車買取業者にスクラップを依頼したときの流れは次のとおり。

  1. 廃車買取業者に査定を依頼する
  2. 必要書類を用意する
  3. 廃車買取業者に車を引き取ってもらう

業者にもよりますが、基本的にすべてお任せするだけでスクラップにできます!
とても便利ですよね。

ご自分で用意する必要があるものは次のとおりです。

  • 実印
  • 印鑑登録証明書
  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険)

それ以外の書類は廃車買取業者が用意してくれたり、作成を代行してくれたりします。

ここまで廃車買取業者でのスクラップについてご説明してきました。
ご紹介した通り、廃車買取業者は金銭的にも労力的にも、依頼先としてオススメです。

なお弊社「廃車の窓口」も、廃車買取を行なっております。
全国対応しておりますので、ご依頼いただき次第すぐにスクラップ対応が可能です。

では買取業者である「廃車の窓口」がオススメな理由を具体的にご説明しますね。

廃車の窓口について詳しくチェック

②車販売店にお任せする

車をスクラップする方法2つ目は、車販売店(ディーラー・中古車販売店)にお任せする方法です。

なおディーラーでは新車購入が前提(いわゆる下取り)のケースが多いため、スクラップのみお任せすることは難しいことを覚えておきましょう。
同時に、同じメーカーから新車も購入することが決まっている場合はこの方法をおすすめできますよ!

なお買取価格の相場は0円〜数万円ほど。
車の状態によって査定の金額には差があります!

メリット

  • スクラップ業者に車を持ち込む手間が省ける
  • 廃車手続きの手間が省ける
  • 新車購入の手続きも同時に行える

デメリット

  • 新車購入が前提となる
  • スクラップ費用がかかる
  • レッカー費用がかかる
  • 手続き代行費用がかかる

ディーラーや中古車販売店でも、スクラップと廃車手続きの両方を代行してくれます。
自分で手続きをする手間は省けますが、諸々の手数料がかかることも。

お店によっては無料でおこなってくれる場合もあるので、購入店に相談してみてもいいかもしれませんね。

かかる費用

販売店ごとに差があるため、一概に「◯円です!」とお伝えするのは難しいのですが、おおよそ以下の値段で見積もっておくと安心です。

スクラップ費用 約10,000円〜
レッカー費用(※) 約10,000円〜
手続き代行費用 約10,000円〜

※車が走行できる状態であれば費用はかかりません。

ディーラーや中古車販売店では、車をスクラップする手段を持ち合わせていません。(「販売店」なので当然ですね。)
そのためスクラップ業者に委託することになり、仲介料が発生して費用がかさむケースも多いんです。

買取価格からかかる費用を差し引いても、数万円の赤字になってしまう…なんてこともあります。

もちろん、すべての手続きを無料でおこなってくれる良心的な販売店さんもあります。
あなたが車を購入したお店で、どのように手続きしてくれるのかを確認してみてくださいね。

スクラップの流れ

ディーラーや中古車販売店にスクラップを依頼したときの流れは次のとおりです。

  1. 査定、見積もりを依頼する
  2. 必要書類を準備する
  3. 車を持ち込むor引き取ってもらう

ディーラーや販売店でも、廃車買取業者と流れはあまり変わらないんだ!

しかし車が動かない場合や、車検切れの場合は自分での持ち込みができません…。
自分で車の持ち込みができない場合は、レッカー車で引き取ってもらう必要があります。 

レッカー車代も決して安くはありません。
自分で車の持ち込みができない場合は、引き取り費用が無料の廃車買取業者への依頼をオススメします!

③自分でスクラップ工場に持ち込む

車をスクラップする方法3つ目は、自分でスクラップ工場に持ち込む方法です。

正直なところ、自分でスクラップ工場へ持ち込むことはあまりオススメできません…。
というのも、手間がかかってしまう上に思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があるためです。

メリット

  • レッカー費用・代行費用を抑えられる
  • 自分で廃車した!という達成感を得られる

デメリット

  • 個人の依頼を受けてくれないことがある
  • スクラップ費用がかかる
  • 廃車手続きに手間と時間がかかる
  • 法律違反をおかす可能性がある
法律違反をおかす可能性ってのは、どういうことだ?

自動車リサイクル法では、認可を受けた業者や工場でなければ部品取り(再利用できる部品をあらかじめ取り外し、スクラップすること)はできないと定められています。

「スクラップ費用が高いから、自分で部品を取り外して高く買ってもらおう!」と、勝手に部品取りをする人もいるのですが…それはNG!

自動車リサイクル法に違反すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が課せられます…。

「自動車リサイクル法にのっとって、安全にスクラップしてくれる業者かどうか」をご自分で見極めるのは至難の技。
時間やお金をかけてスクラップや廃車手続きをしたにもかかわらず、トラブルに巻き込まれたら悲しいですよね。

またそもそも、個人からの解体依頼を受け付けていないケースも多いです。
ですのでもし依頼先を探す場合は、個人での依頼であることをはっきり伝えて探しましょう。

かかる費用

自分でスクラップ工場に車を持ち込んだときの費用は、次のとおりです。

スクラップ費用 約10,000円〜
レッカー費用(※) 約10,000円〜
手続き代行費用 0円〜

※車が走行できる状態であれば費用はかかりません。

自分で車をスクラップする場合は、その後の廃車手続きも自分でおこなうため代行費用はかかりません。
ただ、買取価格がスクラップ費用で相殺されてしまうことも。

また自分でスクラップする場合は、すべての手続きが完了するまでに1〜3週間かかります。
一方で廃車買取業者などに依頼すると、車を引き渡したらあとは完了の連絡を待つだけでOK

なお「廃車の窓口」では最短1日でお伺いし、その場で車のお引き取りが完了します。
気になる方はぜひチェックしてくださいね

スクラップの流れ

自分でスクラップ業者に持ち込むときの流れは次のとおりです。

  1. スクラップ業者を探して連絡する
  2. 一時抹消登録の手続きをする
  3. レッカー車を手配する
  4. スクラップ業者に車を引き渡す
  5. 永久抹消登録の手続きをする

冒頭でもお伝えしたように、廃車にする場合はスクラップをしてから永久抹消登録をするのが一般的。

しかし個人でスクラップをおこなう場合は、トラブルを防ぐために一時抹消登録が完了してからスクラップを進める業者が多いです。

そのため「一時抹消登録」の手続きをおこなったあと、スクラップが完了したら再び「永久抹消登録」の手続きに出向く必要があります
しかも手続きをおこなう運輸支局(軽自動車の場合は「軽自動車検査協会」)は、平日しか受付しておらず、お仕事をされている方はお休みを取る必要があるかもしれません。

このように自分でスクラップ業者に車を持ち込んで廃車を完了させるには、かなりの手間と労力がかかってしまうんです

ご自身でスクラップをおこなう方は、こちらの記事もご覧くださいね!
廃車手続きの流れ・準備物を詳しく説明しています。

●普通自動車の廃車手続き

●軽自動車の廃車手続き

車のスクラップは「廃車の窓口」へお任せください!

自分でやるには手間もお金もかかる車のスクラップ。
時間を節約しておトクにスクラップしたい方は、「廃車の窓口」へお任せください!

面倒なスクラップ&廃車手続きを無料で代行

「廃車の窓口」では、面倒な手続きをすべて無料で代行
車の引き取りや手続きをすべて自社でおこなっているため、余計なコストがかからずお客様へご負担をかけることもありません

また、一般的に「廃車」となる車は価値がないと言われます。
しかし私たち「廃車の窓口」では、廃車となる車がもつ価値を最大限引き出すことが可能です。

鉄資源をリサイクルするから買取価格がつく

「廃車の窓口」では、国内・海外のさまざまな販売経路を保有する協力店さまと契約しています。
つまりお客様の車の状態、スクラップ後のパーツや鉄資源ごとに最適な販売ルートを選択できるんですね。

そのため廃車となる車でも価値を引き出し、お金にできるんです!

スクラップは車を処分して終わり…と思われがちですが、処分するような車でも買取価格がつくケースもあります。

また一例として、これまで弊社が買取させていただいた車をご紹介しますね。

日産セレナ
  • 車種:日産セレナ
  • 年式:平成13年
  • 走行距離:12万km
  • 買取価格:20,000円
トヨタアクア
  • 車種:トヨタ アクア
  • 年式:平成25年
  • 走行距離:7万km
  • 買取価格:70,000円

「ウチの車、買取ってもらえるのかな?」「はじめてだからよくわからない…」という方もぜひ一度私たち「廃車の窓口」にご相談ください!

【Q&A】車のスクラップのよくある質問

最後に車のスクラップに関するよくある質問をまとめました!

軽自動車と普通車のスクラップに違いはあるの?

 

買取額や手続きの場所、還付金に違いが生じることも。


スクラップをするだけであれば、軽自動車と普通自動車に大きな手順の違いはありません。

しかしスクラップして出る鉄の重さによって買取価格が変動します。

軽自動車は普通自動車と比べると、車本体が軽いですよね。
そのため、普通自動車と比べると買取価格が安くなる可能性があります。

また、軽自動車は手続き場所や受け取れる還付金の種類も異なります。
詳しくはこちらの記事を参考にしてくださいね。

[+] もっと詳しく

車検切れなうえに車検証も紛失…スクラップで廃車できる?

 

まずは車検証を再発行しよう!


車検切れや、車検証を紛失している場合でもいくつかのステップをこなせばスクラップにして廃車することは可能です!

車検証をなくしてしまった場合は、まず車検証の再発行を行いましょう。

また車検切れの車は公道を走れないため、次のどちらかの方法で車を引き取ってもらう必要があります。

  • 仮ナンバーを発行する
  • レッカー車で引き取ってもらう

車検切れのときの詳しい対応は、こちらの記事を見てみてくださいね!

[+] もっと詳しく

どんな業者を選べばいい?

手間・お金をかけずにスクラップするには、次の2つをクリアする業者を選びましょう。

  • スクラップ・廃車手続きを完全無料で代行する業者
  • 海外との取引もある業者

あなたがお金を支払うことなくスクラップを完了させるためには、すべての手続きを無料で代行してくれる業者を選びましょう。
また、海外との取引がある業者(多くの場合、廃車買取の専門業者)は販売ルートを多く持っているので、状態の悪いお車でもお金にできるケースが多いです。

そのため上記のような業者に依頼すれば、あなたがお金を支払うことなく、さらにお車を買い取ってもらえる可能性があります。

なお以下の記事では買取業者の選び方をご説明しております。
気になる方はぜひチェックしてくださいね!

[+] もっと詳しく

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました!
この記事では、車スクラップについて以下のことをお伝えしました。

  • 車スクラップとは車の解体のこと
  • 状態のいい車はスクラップではなく売却がおトク
  • スクラップは廃車買取業者に任せるのが1番おトク

車のスクラップに時間もお金もかけたくないのであれば、廃車買取業者への依頼がオススメ!
法律にのっとってスクラップや廃車手続きをしてくれるので安心です。

「廃車の窓口」でも、スクラップや廃車手続きをすべて無料で代行しております。
はじめての廃車もラクラク!廃車の窓口に相談する!

お電話でのご相談も、もちろん無料です!

お急ぎの方はこちらからお電話ください。
☎︎0120−946−005(365日年中無休!受付時間 8:00~22:00)

以上、廃車の窓口の村上がお伝えしました。
この記事を読んだあなたが、納得できる1番おトクな方法でスクラップや廃車手続きを無事に終えられるように祈っております!

この記事を監修した車の専門家

スタッフの写真

斎藤たくや

カーソムリエの斎藤です。車をスクラップする場合、廃車買取業者・ディーラーなどいくかの選択肢があります。それぞれの依頼先によってかかる費用が異なってきますので、ご自分の状況に合わせた依頼先を選びましょう。

更新日

2021年6月22日

おトクに廃車するためのコラム一覧

他のコラムを見る
5分でわかる廃車手続き方法

30秒で入力完了。ラクラク無料査定。

1

2

3

4

↓↓申し込み後に買取額がすぐ分かる↓↓

ご入力いただく個人情報は買取査定のために利用し
プライバシーポリシーに則り厳重に管理します。

  • 状態を選択
  • メーカーを選択
  • 車種を選択
  • 走行距離を選択

私の車はいくらで売れるのかな?買取事例をご紹介

廃車の窓口スタッフ プロの私たちがあなたの廃車をサポート かんたん入力30秒無料査定をはじめる 廃車の窓口スタッフ

対応地域

北海道 近畿
東北 中国
関東 四国
中部北陸 九州沖縄