廃車の窓口®

日本全国の廃車すぐ対応!

お電話で買取額をご案内致します。通話無料。

受付
時間

365日年中無休

9:00~22:00

お電話で買取額をご案内致します。通話無料。

受付時間

お電話で買取額をご案内致します。 9:00~22:00 365日年中無休

水没車・冠水車は買取できる?水没レベルごとにお得に買取してもらおう

更新日

2020年11月17日

水没車

「台風のせいで車が水没してしまった…」
「変な臭いがするし調子も悪いから、車を処分しようかな」
「水没した車って買い取ってもらえるのかな?」

皆さんこんにちは。「廃車の窓口」の村上です。
今回は、水没車(冠水車)に関する疑問にお答えしていきますね。
冠水した道路を走ったせいで水没した車があるんですけど、これって買取してもらえるんですかね…?

災害の多い日本ですが、近年では台風やゲリラ豪雨などが増えてきています。
令和元年・台風19号のときには、水没車が推定10万台にも及んだようです。

愛車が水没するというのは思いがけないハプニングですし、とてもショックですよね。
車を愛するものとして、お気持ち痛いほどわかります…。

車のほとんどは金属で出来ていますから、水没車を放っておくとサビなどでジワジワと腐食していきます。
「何とか直して乗りたいけど、修理となるとやっぱり高くつくしなぁ…」と迷って放置していると、気づかないうちに車の価値が下がり続けている可能性も…!

ですので少しでも水没した車の調子が悪いと感じたときは、買取を視野にいれるのがオススメなんですね。

今回の記事では水没車の基準買取してもらえる理由買取先の業者などを詳しくご説明します。
さらに水没の状況と対処がわかりやすいよう、浸水レベルを画像でご説明いたします。
ぜひあなたの車の状況に照らし合わせてみてくださいね。

この記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。
それでは、まいりましょう!

「廃車の窓口」なら完全に冠水した水没車でも引き取りさせていただきます。
お車の車種・水没の状況によっては高価買取させていただきますので、まずは無料査定フォームで買取金額をチェックしてみてくださいね!
▶︎「廃車の窓口」で無料査定を試してみる

廃車のプロフェッショナル。廃車の窓口のポリシー。

当サイト『廃車の窓口』は、廃車のプロフェッショナルが加盟するネットワークです。

「廃車をしたいけど書類や手続きがややこしすぎる…。」
「専門用語が多くて、全然わからない!」

そんなあなたのために、廃車のお役立ち知識を丁寧にわかりやすくお教えします。

廃車買取の3つの約束
  • 面倒な廃車手続きを無料代行!
  • レッカー代無料で動かない車もOK
  • 事故車・故障車・放置車など
    どんな車にも必ず値段がつきます!
> 廃車の窓口のサービスについて詳しくみる! 廃車の窓口スタッフ

水没車は実は買取してもらえるんです!

「水没車って買い取ってもらえるのかな…」と不安を感じている方は多いかと思います。
ですがご安心ください!
実は水没車でも、ある程度の金額で買い取ってもらえる可能性があるんですね。

え!そうなんですか!でも、どうして買い取ってもらえるのか気になる…。

ここからは水没車の定義も交えながら、買取してもらえる理由を詳しくご説明しますね。

そもそも水没車の定義って?

冠水した道路にある車
そもそも、「水没車」ってどのレベルの浸水のことを言うんですか?

水没車の定義は、JAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)によって以下のように定められています。

水没車の定義

室内フロアを超えて浸水したもの、または以下の複数の項目に当てはまるもの

  1. 通常の使用では発生しない箇所にサビ・腐食がある。
    ex)フロアマットの下トランクルームの金属部が異常に錆びついている

  2. 通常の使用では付着しない汚れ・シミがある。
    ex)シートベルトに水位跡がついている、シートを前後するスライドレールに泥汚れがついている

  3. ドロまたはカビの臭いがある。
    ex)トランクルームを開けたり、エアコンを付けると、カビや泥による異臭がする

参考:JAAI「中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕」

また、自動車が問題なく走行できるのは、水位15~20cmほどまでと言われています。

「冠水した道路を走ったけど、今はまだ症状でていないし…」という方も、走っていくうちに異臭や液漏れなどの不具合がでる可能性があります。

気づかないうちに被害が拡大してしまうのを防ぐためにも、早めにディーラー・整備工場などに見てもらうようにしましょう。

水没車でも買取してもらえる理由

車とお金

ではそんな水没した車でも買い取ってもらえる理由はなんでしょうか?
その理由は、たとえ水没車だとしても一定の価値があるから。

水没車でも価値がつく理由

  • スクラップ(解体)すれば鉄資源になる!
  • 浸水レベルによっては、パーツにバラせば再利用も可能(※)
  • ダメになったパーツだけ組み替えて、海外に輸出する(※)

※パーツ分解の技術、海外に販路を持つ業者のみ対応可

1つ目2つ目はなんとなく理解できるんですけど…海外に輸出するっていうのは?
作りが精巧で壊れにくい日本車は、実は海外で大人気なんです。

というのも海外では、以下のような理由から、車をメンテナンスして長く乗る傾向があるんです。

  • ドイツでは、車齢30年で減税される(日本では逆に13年で増税)
  • アメリカや中国では車検制度がないため、自力メンテナンスに慣れている
  • 東南アジアでは、人件費や物価の関係で修理費そのものが安い

さらに、水没車に対して日本ほどネガティブなイメージがないのもポイントです。

もちろん価値の付け方は水没の程度にもよりますが、「水没車だから…」と言ってあきらめずに買取を検討してみてくださいね。

さてここまで水没車の定義や買取してもらえる理由についてご紹介してきました。
ひとまずお金をもらって処分できる可能性があるとわかり、一安心した方がいるかもしれませんね。

続いては、水没した被害ごとにどのくらいの査定基準で買取してもらえるのかをご紹介します。
オススメの買取先もあわせてお伝えしますので、お得にお車を手放すためにもぜひチェックしてくださいね!

水没レベルごとの査定基準・オススメな買取依頼先

ここからは水没被害のレベルごとの買取相場・オススメな買取依頼先をチェックしましょう!

そもそも大前提として「水没車=すべて一律価格で買取」となることはありません。
先ほども例にあげたように、「フロアパネルまでの浸水」「車が埋まるくらいの浸水」では、車の内部損傷がどれくらいあるかも変わってきます。

JAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)では、水没車の査定基準を以下のように示しています。

水没車の査定基準

  1. フロアまで浸水→減点率30%

  2. クッション上部まで浸水→減点率40%

  3. ダッシュボードまで浸水→減点率50%

※「減点率」=「減額率」ではありません。
※買取額はメーカーや車種、水没の度合いによって大きく左右します。
参考:JAAI「中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕」

さらに買い取ってもらう業者も、状況によって選ぶ必要があるんです。
それぞれ詳しく見ていきましょう!

なお「廃車の窓口」ならどんな水没被害を受けた車でも引き取りOK
お車の引き取り費用・廃車手続きはすべて無料ですので、気になった方はお気軽にご相談いただければと思います!

▶︎「廃車の窓口」について詳しくチェックする

【ケース①】フロア(車の床面)までの浸水

フロア(車の底面)まで浸水したときの買取先

フロアまでの浸水で、以下の条件を満たす車であれば中古車として買取がつく可能性があります。

  • エンジンが作動し走行できる
  • 年式が新しく、走行距離が少ない
  • 中古車市場で人気の車種である(ex. トヨタ・アルファード、スズキ・ジムニーなど)

※軽自動車・ミニバン(床下にエンジンがあるタイプ)の場合は、査定額がつかない可能性もあります。

ですので買取を依頼する業者としては、「中古車買取業者」を選ぶのがオススメ!
なお中古車業者を選ぶ際は水没車の買取経験がある業者を選ぶのがコツです。

「水没車」としての買取になるため、マイナス査定は避けられません。
ただ減点率は30%ですので、ある程度の金額で買い取ってもらえる可能性があります!

もし上記の条件にあわない場合や、中古車買取業者の査定額が低い・買取を断られた場合は、廃車買取業者に頼むのがオススメ!
廃車買取業者なら、きちんとパーツ分解して価値をつけてくれる可能性があるんですね。

【ケース②】クッション上部までの浸水

クッション上部まで浸水したときの買取先

クッション上部まで浸水した場合は、廃車買取業者がオススメです!

もしフロアパネルを超えて座席クッション上部まで浸水すると、ワイヤーハーネスやオルタネーターなど、電気系統の多くが損傷していることが考えられます。

車種によっては、フロントボンネットの下にあるエアクリーナーから水が入り、エンジンが故障することも。

ここまでの侵食となるとなかなか中古車としては買取がつかず、減点率が40%になるというわけです。

仮に中古車買取業者に査定をお願いしても「廃車にするのにお金がかかる」と言われるのがほとんど…。
ただここで注意すべき点は、「0円で引き取り」してもらうのは損だということ。

「本来お金がかかるみたいだし、引き取ってくれるだけおトクか…」と、この提案に応じてしまう人はとても多いです。

ですが本来は電気系統が故障したレベルなら廃車として価値が付きますし、きちんと還付金の返済もあります。
ぜひ、廃車専門の買取業者にご相談ください。

そもそも「廃車にお金がかかる」のは、ディーラーや中古車業者も、結局は廃車業者に廃車をお願いするからなんです。
クッション上部まで浸水してしまったときは、最初から廃車業者に直接お願いしましょう。

【ケース③】ダッシュボードまでの浸水

ダッシュボードまで浸水したときの買取先

ダッシュボードまで浸水した場合も、同じく廃車買取業者がオススメ!

画像をみても分かる通り、ダッシュボードまで浸水した場合はエンジンが水没しています。
ですのでエンジンが故障している可能性が高く、減点率が50%になるというわけです。

この場合、車両保険を使用しても全損扱いとなります。
もし修理しても費用は100万円を超えることもあるため、買い替えを考えるのがベターです。

ケース②と同じように廃車買取業者に買取をお願いしましょう
廃車買取業者なら、走れないような車でも部品・鉄資源単位で価値を見出すんです。
ですので車の状況によっては、ある程度の買取価格がつく可能性があります!

なお買取後のお車は、多くの場合スクラップ(解体して鉄資源とする)になります。

万が一エンジンが動く場合でも、故障の可能性がとても高いため起動しないでくださいね。

さてここまで水没車の査定基準や、オススメの買取依頼先についてご紹介してきました。
あなたのお車ごとに最適な買取依頼先がお分かりいただけたでしょうか?

続いてはそんな水没車の買取価格をアップする方法をご紹介します!
できるかぎりお得に買い取ってもらうためにも、ぜひご覧くださいね。

水没車の買取価格がアップする4つの方法

買取価格がアップ

水没したとしても、長年乗った愛車に変わりはありません。
これまでの長い付き合いを考えると、できれば高く買い取ってほしいですよね…。
新しい車に乗り換えるなら、なおさらそう思われるかと思います。

ですのでここからは、買取価格がアップするかもしれない4つの方法について見ていきましょう!

  1. できるだけ早めに買取を依頼する
  2. 実績がある業者に買い取ってもらう
  3. 買取先に正確な情報を伝える
  4. 引き取りなどの手数料が無料な業者を選ぶ

①できるだけ早めに買取を依頼する

1つめはできるだけ早めに買取を依頼すること。
水没車は時間の経過が進むほど、劣化が進んでいくんです…!

そうなんですか?!なんでそんなことに?

まず水没した車はすぐにサビてしまい、時間が進むほど広がっていくんです
先ほどもお伝えした通り、廃車買取業者なら、車で多く使われている鉄などの金属にも価格がつきます。
もしサビてしまえば、その金属の価値がグッと落ちてしまうんですね…

また、悪臭・害虫が発生する可能性もあります。
中には水没した車を駐車場に置いていると、悪臭や害虫が発生したせいでご近所から苦情がくるケースも。

もちろん悪臭が発生している状況だと、車の価値は下がってしまうんです。

さらには汚れがひどい車が放置車両だと思われるせいで、車上荒らし・放火といった犯罪に巻き込まれてしまうリスクがあります。

これらのリスクを考えると、水没した車は可能な限りすぐに手放すのがオススメなんですね。

②実績がある業者に買い取ってもらう

2つめは実績がある業者に買い取ってもらうこと。

例えば中古車買取業者の中には、水没車の買取を積極的に行っているところも。
また、廃車買取業者の多くは水没車の買取実績があります。

なぜ買取実績があるかというと、水没車でも利益を出せる販路を持っているから。
つまり、水没車にある程度の金額をつけて買い取ってもらえる可能性があります。

ですので業者を探すときには、水没車の買取実績があるかチェックしましょう!

③買取先に正確な情報を伝える

3つめは買取先に正確な情報を伝えること。
これは現在の車の状態を踏まえたうえで、最適な価格で査定してもらうために必要なんです!

この正確な情報とは以下のようなものを指します。

  • 被害状況
  • 車種
  • 型式
  • 年式
  • 車台番号

正確な情報が分からなければ最低額での査定となってしまうこともあるため、車検証を見ながら詳細な情報を伝え、少しでも高い査定額をつけてもらいましょう!

④引き取りなどの手数料が無料な業者を選ぶ

買取価格のアップに直接繋がるわけではありませんが、関連する点として「引き取りなどの手数料が無料な業者を選ぶ」ようにしましょう。

買取業者の中には引き取り無料のところや、手数料を取るところがあります。

「引き取り無料」と表示している業者は販路が確立しており、買取後にしっかり換金できるという意味でもあります。
このような業者であれば、買取価格も期待できるでしょう。

さてここまで買取価格をアップするための方法を4つご紹介してきました!
少しでもお得に買い取ってもらうためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

水没車の買取なら「廃車の窓口」にお願いするのが確実!

冒頭でも書いたとおり、水没車は放っておくとドンドン腐食していきます。
また、カビや細菌も繁殖するので、取れないニオイが充満することも…。

「まだ価格がつくかもしれないから…」とディーラーに行ったら、廃車するのに手数料がかかると言われ…。
それならばと中古車買取に頼っても、全く価値がつかず…。

なんてことをしている間に、エンジン内部やコンピューターの基盤が錆びてドンドン価値が落ちていくんです

しかし「廃車の窓口」なら水没の度合いを加味して、以下の3段階の方法で水没車に価値をつけることができます。

  1. 修理して海外に出せるものは出す
  2. 1がダメなら、パーツに分解して再利用
  3. 2がダメなら、スクラップ(解体)して鉄資源にする

その名のとおり「廃車」を専門にしているので、水没車をはじめ、事故車・不動車・故障車など、どんな車でも価値をつけることができます

また「廃車の窓口」ならレッカー代も廃車手続きの代行費用も無料!
エンジン不動の車でも、その場でお引取りすることができるから安心です。

ちなみに「廃車の窓口」では以下の水没車を買取させていただきました。

水没車
買取価格 70,000円
車種 トヨタ SAI
年式 平成24年
備考 走行不可、冠水車

上の買取例は台風の被害により、水没して動かなくなってしまったお車です。
このように水没で走れなくなった車でも、パーツ単位で分解し、国内で販売できることから7万円と高価買取させていただきました。

動けなくなったほどの車でも高価買取できる可能性はございます
「とりあえず、どのくらいの値段がつくか知りたい!」という方は、まずは簡単入力フォームより愛車の査定をしてみてくださいね。
▶「廃車の窓口」の無料査定フォームはこちらから

水没車の買取でよくある質問

さてここまで水没車の買取についてご紹介してきました。
最後に買取でよく寄せられる質問について見ていきましょう。

水没車は修理すれば直りますか?

きちんと分解して修理・交換すれば元通りにすること自体は可能です

車は何種類ものパーツの集合体。きちんと分解して修理・交換すれば元通りにすること自体は可能です。
ただ、水没車の場合はそれが現実的ではありません…。

元通りにするためには、ザッと挙げただけでも次のような手間がかかります。

  • フロアまでの浸水でも、マフラーやタイヤは確実に交換
  • エンジンは全部バラしてオーバーホール(解体・洗浄)
  • ブレーキ系統やトランスミッションも全面的に分解修
  • シートやフロアマットは交換、全面的に清掃

これだけの手間となると、費用は数百万円の域。
同等の中古車を買ったほうが安上がりになるケースも多いです。

また、水没車は中古車市場での価値が低いため、きちんと修理して大事に乗っていても売るときには値段がつかないというデメリットもあります。

ですので長い目で見て、修理にかける費用が妥当かどうか判断しましょう。

[+] もっと詳しく

水没車の修理に保険は使用できますか?

自動車保険のうち、「車両保険」に加入していれば使用可能です。

豪雨や台風による洪水などでは、「一般型」「エコノミー型」どちらの車両保険でも補償の対象になります。

ただし、地震による津波が原因のときは、補償の対象外となるので注意が必要です。

また、水没車を修理する際には、以下の2点もふまえておきましょう。

  • 一度水没してしまった車は、修理後も内部で傷みが発生する可能性がある
  • 車両保険を使用すると、翌年から1等級ダウンする
  • ダッシュボードまでの水没となると、保険金で新車を買った方が良いパターンも

以上をふまえ、ご自身の車が「本来、買い替えの時期にどれだけ近かったか?」も加味して修理を考えましょう。

[+] もっと詳しく

還付金は受け取れますか?

廃車買取業者に依頼すれば受け取れます!

自動車税・自動車重量税は、廃車手続きと同時に手続きをすれば還付してもらえます!
水没の度合いは関係なく還付されますので、廃車買取業者には事前に還付金について聞いておきましょう

なお自賠責保険の場合は、契約者ご本人が手続きを行う必要がありますのでご注意ください!

還付金に関する情報は以下の記事でもお伝えしていますので、ぜひご確認くださいね。

[+] もっと詳しく

水没車だと追加費用がかかるでしょうか?

中古車買取業者に買取してもらうと費用がかかることも…。

エンジンやパーツ全体が水没した車だと、中古車買取業者では買取価格がかなり低いケースが多いです。
そのため廃車手続きの代行手数料が発生することもあります!

ですので費用を抑えたい方は、水没車の買取実績がある中古車買取業者を探すのもオススメです。

また運転できない車はレッカー車での輸送が必要なため、レッカー代がかかることも。
廃車買取業者であればレッカー代が無料なケースもありますので、事前にサイトでチェックしてみましょう。

[+] もっと詳しく

いつ頃引き渡したらいいでしょうか?

できるだけ早く引き渡しましょう!

水没した車は、時間が経つごとに故障リスクが高くなるケースが多いです。
とくにシート周りや電気系統の部品は汚染が進みやすいため、浸水した車はなるべく早く引き渡すのがオススメ

また廃車買取業者では自動車税など税金の支払いの関係から、繁忙期・閑散期が以下のようになっています。

  • 閑散期:5〜7月
  • 繁忙期:12〜3月

閑散期では廃車依頼・在庫が減っているため、業者側も査定額を高くつけてもらえる可能性があるんです。
一方、繁忙期はそこまで査定額が上がらない可能性もありますので、なるべく交渉するのをオススメします!

[+] もっと詳しく

まとめ

新車と中古車

水没車は、買取先を選べばきちんと買い取ってもらうことができます。
「水没車だから売れないだろう」とあきらめずに、早めに専門業者にかけあってみましょう。

状況別の買取業者は、以下の通りです。

  • フロア(車の底面)までの浸水 → 中古車買取 or 廃車買取
  • クッション上部までの浸水 → 廃車買取
  • ダッシュボードまでの浸水 → 廃車買取(解体になることが多い)

ただし、これらはあくまでも目安ですので、実際にどの部品が損傷しているかなどは点検しなければわかりません。

何かお困り事があるときは、お電話での無料相談も受け付けています。どんな小さなことでも構いませんので、お気軽にお問い合わせくださいね。
▶手続き代行&レッカー代無料!「廃車の窓口」のサービスを詳しく見る

ここまでお読みいただきありがとうございました。

この記事が、あなたの悩みを解決する一つの手立てとなれば嬉しいです。
それでは、またお会いしましょう!

この記事を監修した車の専門家

スタッフの写真

斎藤たくや

カーソムリエの斎藤です。台風などで水没した車は残念ながら廃車するのがベスト。もし修理する場合は、マフラーやエンジンなど車のあらゆる箇所の修理が必要となってしまうんです。もし廃車する場合は廃車買取業者に依頼し、お得に買い取ってもらいましょう。

更新日

2020年11月17日

おトクに廃車するためのコラム一覧

他のコラムを見る

30秒で入力完了。ラクラク無料査定。

1

2

3

4

↓↓申し込み後に買取額がすぐ分かる↓↓

ご入力いただく個人情報は買取査定のために利用し
プライバシーポリシーに則り厳重に管理します。

  • 状態を選択
  • メーカーを選択
  • 車種を選択
  • 走行距離を選択

私の車はいくらで売れるのかな?買取事例をご紹介

廃車の窓口スタッフ プロの私たちがあなたの廃車をサポート かんたん入力30秒無料査定をはじめる 廃車の窓口スタッフ

対応地域

北海道 近畿
東北
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
中国
関東 四国
中部北陸 九州沖縄