廃車の窓口®

日本全国の廃車すぐ対応!

廃車にした車は再登録できる?手続きや必要書類を完全ガイド

更新日

2021年6月11日

廃車買取の専門家が丁寧に教えます!

>>この人が書いた他の記事

ナンバープレートをセット
廃車にした車を再登録したいんだけど、手続きはどういう流れで進めればいいの?
何が必要で、いくらくらいかかるんだろう?
こんにちは!『廃車の窓口』の橋本です。
この記事では「廃車にした車の再登録手続き」について、その流れや必要なものを詳しく紹介していきます。

結論から申しますと、再登録の手続きは下記の4ステップで進めます。 

  1. 自賠責保険に加入する
  2. 必要なものをそろえる
  3. 仮ナンバーを取得する
  4. 陸運局(軽自動車検査協会)で検査・登録する

読み終わる頃には、再登録の手続きをしっかり理解できているはずですよ!

再登録は手続きがややこしいので、よく確認しないまま進めると二度手間、三度手間になってしまう可能性があります。
そのようなことにならないよう、一緒に確認していきましょう!

廃車のプロフェッショナル。廃車の窓口のポリシー。

当サイト『廃車の窓口』は、廃車のプロフェッショナルが加盟するネットワークです。

「廃車をしたいけど書類や手続きがややこしすぎる…。」
「専門用語が多くて、全然わからない!」

そんなあなたのために、廃車のお役立ち知識を丁寧にわかりやすくお教えします。

廃車買取の3つの約束
  • 面倒な廃車手続きを無料代行!
  • レッカー代無料で動かない車もOK
  • 事故車・故障車・放置車など
    どんな車にも必ず値段がつきます!
> 廃車の窓口のサービスについて詳しくみる! 廃車の窓口スタッフ

このとおりやればOK!廃車にした車の再登録手続き4ステップ

車検場の写真

ここでは、廃車にした車を再登録する時に必要なものや、スムーズな手続きの流れについてお話ししていきます。

普通車も軽自動車も基本的な流れは一緒ですが、登録を管轄する組織が異なり、必要な書類も少しだけ違います。一緒に確認していきましょう。

廃車にした車を再登録するには、下記の4ステップで手続きを進めます。

  1. 自賠責保険に加入する
  2. 必要なものをそろえる
  3. 仮ナンバーを取得する
  4. 陸運局(軽自動車検査協会)で検査・登録する

それぞれくわしくお話ししていきます!

①:自賠責保険に加入する

まずは自賠責保険に加入します。

スムーズな再登録手続きのためには「仮ナンバー(後ほど詳しくお話しします)」が必要なのですが、こちらは自賠責保険に加入していないと取得できません。事前に加入しておきましょう。

馴染みの保険屋さんがいればその保険屋さんに、いなければ検索等で見つけた保険会社などに相談し、加入してください。

加入には25ヶ月分の保険料、26,680円かかるので、事前に準備しておきましょう。

②:必要なものをそろえる

自賠責保険に加入できたら、下記の必要なものを揃えましょう。

  • 自賠責保険証
  • 登録識別情報等通知書(一時抹消登録証明書)の原本
  • 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内)
  • 印鑑(印鑑証明書に登録されたもの
  • 身分証明書
  • 車庫証明書(発行後1ヶ月以内)

これ以外の申請書類などは、手続き当日に運輸局の窓口で取得できます。

「車庫証明書」について補足しておきましょう。
車庫証明書は正式名称を「自動車保管場所証明書」と言い、「自動車を保管する場所がありますよ」ということを証明するものです。

保管場所のある地域の警察署で申請・発行してもらいます。

発行に際し、発行手数料2,100円、交付手数料500円かかるので、用意していきましょう。

また発行までに、申請から3〜7日ほどかかります

上でも紹介した通り「発行から1ヶ月以内」のものであれば登録に使用できるので、車を使用する予定がある方は早めに申請・取得しておくのがいいですよ。

③:仮ナンバーを取得する

書類の準備が整ったら車検を受けますが、それには車を整備工場やディーラーまで運ばなくてはなりません。
自分で車を運転して車を運べるよう、市町村役場で仮ナンバーを申請・発行してもらいましょう。

上で紹介した書類のうち、仮ナンバーを申請する時に必要な書類は下記のものです。

  • 登録識別情報等通知書の原本(一時抹消登録証明書)
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑
  • 身分証明書

このほか、申請費用として750円前後かかります。
しっかり準備しておきましょう。

手続きする窓口を事前に電話で確認しておくとスムーズですよ。

また、仮ナンバーを取らずに、レッカー車で車を運ぶ方法もあります。

オススメなのはディーラーや整備工場に「予備検査」を依頼し、レッカー車での車移動をお願いする、という方法です。

この場合、

  • 自宅→整備工場
  • 整備工場→運輸支局

のぶんのレッカー代が発生するので、数万円の費用が余計にかかってしまいます。その代わり、仮ナンバー取得などの面倒な手続きが必要ありません

また「予備検査」という形で事前に検査しておけば、運輸局での検査が省略されるので当日は登録のみ。手続きにかかる時間が短くなります

「多少お金がかかってもいいから、ラクなほうがいい!」

という方はこちらの方法がオススメです。

④:陸運局で検査・登録し、ナンバープレートを購入

陸運局まで車を運び、車の検査と「中古車新規登録」を行います。

検査には予約が必要なので、「自動車検査インターネット予約システム」で事前に予約しておきましょう。

検査と登録の後、ナンバープレートを購入して手続き完了です。
手続きには下記の書類が必要になるので、しっかり準備しておきましょう。

  • 登録識別情報等通知書(一時抹消登録証明書)の原本
  • 自賠責保険証
  • 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  • 印鑑
  • 車庫証明書(軽自動車の場合は不要)
  • 自動車検査票
  • 身分証明書
  • 予備検査を受けた場合は予備検査証

このほか、下記のものについては当日、窓口で入手します。

  • 中古車新規登録申請書
  • 自動車検査票
  • 手数料納付書
  • 定期点検整備記録簿
  • 自動車重量税納付書

また、手続きの際には下記の手数料もかかります。こちらもしっかり用意しておいてください。

  • 中古新規手数料(印紙代)1,400円
  • 重量税 最大8,800円(年式による)
  • ナンバープレート代1,470円 (希望番号は4,180円)
  • 検査手数料1,800円

廃車にする車によって金額が変わる場合もあるので、こちらも事前に確認しておくと良いでしょう。

これで手続き完了です。
お疲れ様でした!

どうしても再登録には時間・お金・手間がかかります

一万円札と車

廃車にした車の再登録手続きについてお話ししてきましたが、

こんなに面倒だとは思わなかったな…

という方もいらっしゃるはずです。

ここまで説明してきた通り、再登録にはどうしても時間お金手間もかかります。 

また運輸局や軽自動車検査協会は平日しか営業していません。土日祝日休みの仕事をされている方だと、登録手続きのためにわざわざお休みをとる必要があります

このような手続きのややこしさやそれにかかる手間・時間を考えると、そのまま廃車にして車を乗り換えるのもひとつの手です。

ややこしい手続きなどはすべてディーラーや中古車販売業者が代行してくれますし、土日祝日も営業しているので、そのためだけにお休みを取る必要もありません。

「どうしてもこの車じゃないとだめ!」

という事情がなく、車を買い換える余裕があるならば、乗り換えるほうが断然ラクです。
再登録を進める前に、ぜひ一度考えてみてください。

もしこのまま廃車をお考えであれば、ぜひ『廃車の窓口』をご利用ください!

『廃車の窓口』は廃車にするお車を買い取るサービスです。
そのままスクラップにすると鉄クズにしかなりませんが、買取であればお金に変えることができ、乗り換える車の購入費用にあてることもできます。

1分ほどの入力で買取金額がわかるので、どれぐらいの価格がつくか、見積り金額だけでもぜひチェックしてみてくださいね。
▶︎『廃車の窓口』についてくわしく見る

まとめ:再登録手続きは慎重に!

廃車にした車の再登録手続きについてお話ししてきました。
ここでお伝えした内容を振り返っておきましょう。

  • 廃車にした車の再登録は、①自賠責保険に加入する、②必要なものをそろえる、③仮ナンバーを取得する、④陸運局で検査・登録の4ステップ。
  • 再登録には時間とお金、手間がかかる
  • 「どうしてもこの車じゃないとだめ!」という事情がなく、車を買い換える余裕があるならば、乗り換えがオススメ

本文でもお伝えしたとおり、車の再登録の手続きは流れがややこしく、準備する書類もたくさんあります。
スムーズに手続きを進められるよう、しっかり準備・シュミレーションしてのぞみましょう。

もし「このまま廃車にして乗り換えよう」という場合は、『廃車の窓口』までお気軽にご相談ください!

『廃車の窓口』の橋本がお送りしました。 最後までお読みいただき、ありがとうございます!

この記事を監修した車の専門家

スタッフの写真

斎藤たくや

「一時抹消登録」で一度廃車にした車の再登録には、少しややこしい手続きや書類などが必要になります。手続きがスムーズに進むよう、流れや必要なものをしっかり確認して進めてくださいね。

更新日

2021年6月11日

おトクに廃車するためのコラム一覧

他のコラムを見る
5分でわかる廃車手続き方法

30秒で入力完了。ラクラク無料査定。

1

2

3

4

↓↓申し込み後に買取額がすぐ分かる↓↓

ご入力いただく個人情報は買取査定のために利用し
プライバシーポリシーに則り厳重に管理します。

  • 状態を選択
  • メーカーを選択
  • 車種を選択
  • 走行距離を選択

私の車はいくらで売れるのかな?買取事例をご紹介

廃車の窓口スタッフ プロの私たちがあなたの廃車をサポート かんたん入力30秒無料査定をはじめる 廃車の窓口スタッフ

対応地域

北海道 近畿
東北 中国
関東 四国
中部北陸 九州沖縄