廃車の窓口®

日本全国の廃車すぐ対応!

お電話で買取額をご案内致します。通話無料。

受付
時間

365日年中無休

9:00~22:00

お電話で買取額をご案内致します。通話無料。

受付時間

お電話で買取額をご案内致します。 9:00~22:00 365日年中無休

車の名義変更に必要な書類は?手続きの流れや費用もまとめてご紹介

更新日

2021年1月26日

名義変更の手続き

「名義変更ってどんな書類が必要なの?」
「名義変更って何円かかるのかな」
「そもそも車の名義変更ってどこで手続きすればいいの?」

こんにちは!「廃車の窓口」の橋本です。
今回は車の名義変更についてご説明します。
車の名義変更ってよくわからないんだよな〜。

名義変更とは車の所有者を変更することで、車の売買や家族から相続するときに行うものです。
なお普通自動車か軽自動車かによって、用意する書類や手続きの流れ、かかる費用(普通自動車:約8,000円、軽自動車:約5,000円)が違ってきます。

そんな車の名義変更は、こんな声もあるようにかなり面倒くさいんです…!

名義変更を代行してくれる業者もありますが、手数料が高いため「自分でなんとか名義変更の手続きしたい!」という方が多いんです。

「もっと名義変更について分かりやすく教えてほしい!」
そんなあなたのお悩みを解決するために、以下の3つを解説していきます!

  • 名義変更する際の必要な書類
  • 状況別、名義変更の手続きの流れと注意点
  • 名義変更にかかる費用

この記事を読んで、スムーズに車の名義変更ができれば幸いです。
それではまいります。

廃車のプロフェッショナル。廃車の窓口のポリシー。

当サイト『廃車の窓口』は、廃車のプロフェッショナルが加盟するネットワークです。

「廃車をしたいけど書類や手続きがややこしすぎる…。」
「専門用語が多くて、全然わからない!」

そんなあなたのために、廃車のお役立ち知識を丁寧にわかりやすくお教えします。

廃車買取の3つの約束
  • 面倒な廃車手続きを無料代行!
  • レッカー代無料で動かない車もOK
  • 事故車・故障車・放置車など
    どんな車にも必ず値段がつきます!
> 廃車の窓口のサービスについて詳しくみる! 廃車の窓口スタッフ

自分で名義変更する場合の書類

車

ここからはあなた自身で車の名義変更をするときに、必要な書類をご紹介しますね!
丁寧にご説明していきますので、ぜひチェックしてくださいね。

それでは必要な書類を一覧でご紹介します!

必要な書類一覧(普通自動車の場合)

自分で用意

  • 車検証
  • 譲渡証明書
  • 新・旧所有者の印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)
  • 新・旧所有者の実印(新・旧所有者本人が手続きする場合)
  • 自動車保管場所証明書(警察署証明1ヶ月以内のもの)または保管場所届出

手続き場所で用意

  • 申請書(OCR申請書第1号用式)
  • 手数料納付書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

必要な書類一覧(軽自動車の場合)

自分で用意

  • 車検証
  • 譲渡証明書
  • 新所有者の印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)
  • 新・旧所有者の認印(新・旧所有者本人が手続きする場合)
  • 自動車保管場所証明書(警察署証明1ヶ月以内のもの)または保管場所届出

手続き場所で用意

  • 申請書(OCR申請書軽第1号様式)
  • 軽自動車税(種別割)申告書(報告書)
  • 軽自動車税(環境性能割)申告書(報告書)
  • 軽自動車税・自動車取得税申告書
こんなに必要なのか!?
手続きする前からやる気がなくなってきた…
そうなんです…用意する書類が多くて大変ですが、今回は普通自動車をベースに書類についてご説明します。
一緒に書類についてチェックしましょう!

ちなみに名義変更の手続きをする場所ですが、普通自動車と軽自動車で違うので注意です。

手続きする場所

普通自動車:運輸支局
全国運輸支局等のご案内(国土交通省)

軽自動車:軽自動車検査協会
全国の事務所・支所一覧(軽自動車検査協会)

URLからお住まい地域から最寄りの場所を探してみましょう!

なお基本的に土日祝日は休みで、平日の16時までしか開いていません
平日にお仕事されている方は、委任状申請依頼書を用意し代理人に手続きしてもらうのもアリですよ!
こちらの書類についても後ほどご紹介しますね。

自分で用意する書類

車検証

普通自動車・軽自動車どちらも必要です。
原本を用意してくださいね。

譲渡証明書

車を売買・譲渡で所有者が変わったとき、いつ・誰に譲渡が行われたか証明する書類です。

A4でコピーして記入しましょう。

登録手続き 各種様式(国土交通省サイト)
※「譲渡証明書」をクリックでダウンロードできます。

新・旧所有者の印鑑証明書

普通自動車の場合、新・旧所有者の印鑑証明書が必要です。
軽自動車の場合、新所有者の印鑑証明書だけでOK。

発行日から3ヶ月以内のものを用意しましょう。

新・旧所有者の実印

所有者本人が手続きを行う場合は、実印を持っていきましょう。
なお軽自動車の場合は実印ではなく認印でも大丈夫です!

また実印を持っていく場合は、印鑑証明書に登録された印鑑をお持ちください。

自動車保管場所証明書または保管場所届出

普通自動車は必須になります。
警察署証明1ヶ月以内の自動車保管場所証明書を用意してください。

なお軽自動車は必要な地域と必要ではない地域があります。
目安として以下の3つに当てはまると、書類の提出が必要です。

  • 県庁所在地である
  • 人口10万人以上の市
  • 東京、大阪の中心から30km圏内になる市

あくまでも目安なので、お住まいの地域を管轄する警察署に連絡し、提出が必要かどうか確認しましょう!

手続きする場所で入手する書類

申請書

当日運輸支局・軽自動車検査協会の窓口から配布されます。
車や車の所有者の情報を記入しましょう。

あらかじめ用意しておきたい!という方は、以下の「第1号様式」のPDFファイルをダウンロードして印刷しましょう。
▶普通自動車の方はこちら(国土交通省サイト)
記入例はこちら。

▶︎軽自動車の方はこちら(軽自動車検査協会サイト)
記入例はこちら。

手数料納付書

手続き当日、運輸支局窓口で配布されます。
手続きにかかる手数料を支払うための書類です。

自動車税・自動車取得税申告書

こちらの書類は、お住まいの都道府県の税事務所に対して、名義変更したことを申告する用紙。

手続き自体は運輸支局の隣にある税事務所(軽自動車検査協会の場合は地方税申告窓口)で行います。
窓口で書類をいただけますので、事前に用意しなくてもOKです。

軽自動車税(種別割・環境性能割)申告書(報告書)

こちらは軽自動車検査協会の窓口で入手できる書類です。
軽自動車の名義変更を行う場合は、こちらの書類を記入します!

さてここまでご自分で名義変更するのに必要な書類をご紹介しました。

漏れがないようにしっかりと用意してくださいね。

一方で場合によっては、追加の書類が必要なケースもあるんです!
この後詳しくご紹介しますね。

追加で書類が必要なケースをチェック

車販売店などに名義変更を代行してもらう場合の書類

書類

ここからは車販売店・整備工場などで車の名義変更をするときに、必要な書類をご紹介していきます。

それでは必要な書類を一覧でご紹介します!

必要な書類一覧(普通自動車の場合)

  • 車検証
  • 譲渡証明書
  • 新・旧所有者の印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)
  • 新・旧所有者の委任状(新・旧所有者の実印入りのもの)
  • 自動車保管場所証明書(警察署証明1ヶ月以内のもの)または保管場所届出

必要な書類一覧(軽自動車の場合)

  • 車検証
  • 新・旧所有者の申請依頼書
  • 新所有者の印鑑証明書か住民票(発行日から3ヶ月以内のもの)
  • 新・旧所有者の認印

それぞれ詳しくご紹介しますね!

用意する書類

車検証

普通自動車・軽自動車の名義変更手続きのどちらでも必要です。
原本を用意しましょう!

譲渡証明書

車を売買・譲渡で所有者が変わった場合、譲渡を証明する書類です。
A4でコピーし、必要書類を記入しましょう。

登録手続き 各種様式(国土交通省サイト)
※「譲渡証明書」をクリックでダウンロードできます。

新・旧所有者の印鑑証明書

普通自動車の場合、新・旧所有者の印鑑証明書が必要です。
軽自動車の場合、新所有者の印鑑証明書だけでOK。

発行日から3ヶ月以内のものを用意しましょう。

また軽自動車の場合は、住民票のコピーでも問題ありません!

新・旧所有者の認印

軽自動車の手続きをする場合、新・旧所有者の方は認印を用意しましょう!

委任状(申請依頼書)

代理で手続きの申請をお願いする場合、委任状(普通自動車)または申請依頼書(軽自動車)が必要です。

登録手続き 各種様式(国土交通省サイト)
※「委任状」をクリックでダウンロードできます。

▶申請依頼書 様式1(軽自動車検査協会サイト)
※「様式1」のPDFファイルをクリックするとダウンロードできます。

自動車保管場所証明書または保管場所届出

普通自動車の手続きでは必須です。
警察署証明1ヶ月以内の自動車保管場所証明書を用意しましょう!

追加で書類が必要なケース

ここからは、これまでご紹介した書類の他にも追加で必要なケースをご紹介していきます。

ご紹介するケースは以下の通りです。

それぞれ詳しくご紹介しますね!

追加で書類が必要なケースに当てはまらない方は、次にご紹介する「名義変更の流れ・費用」をチェックしてみてください。

車検証と印鑑証明書で旧所有者の住所・名前が違う場合

車検証に載った旧所有者の住所・名前が、印鑑証明書のものと異なる場合は、以下の書類が必要です。

  • 住所が違う場合:旧所有者の住民票
  • 名前が違う場合:旧所有者の戸籍謄本
旧所有者の住民票

住所が違う場合は、昔の住所である車検証から現住所である印鑑証明書までの繋がりがわかるような住民票を用意しましょう!

もし2回以上お引っ越ししている場合は、引っ越し回数分の住民票(除票)か戸籍の附票が必要です。
旧所有者の戸籍謄本

名前が違う場合は、現在の名前が載っている戸籍謄本を準備しましょう!

さてこの後は名義変更の流れ・費用をご紹介します。
ぜひチェックしてくださいね。

[+] もっと詳しく

新所有者・新使用者を違う人物で登録する場合

名義変更をするときに新しい「所有者」と「使用者」を違う人物で登録する場合は、新使用者の住民票か印鑑証明書を用意しましょう。
ちなみに原本でもコピーでも問題ありません。

こちらの書類は発行日から3ヶ月以内のものを準備してください!

また新使用者以外の方が手続きする際は、委任状を用意してくださいね。 

さてこの後は名義変更の流れ・費用をご紹介します!
ぜひチェックしてください。

[+] もっと詳しく

ナンバープレートを紛失・盗難などで返納できない場合

名義変更でナンバーを変更する場合は、ナンバープレートの返却をします。
この時になんらかの理由でナンバープレートがない場合は、理由書を提出しましょう。

以下のリンクからダウンロードできますよ!
▶︎紛失用の理由書(国土交通省サイト)
▶︎盗難用の理由書(国土交通省サイト)

理由書には所有者・使用者の認印を押してくださいね!

さてこの後は名義変更の流れ・費用をご紹介します。
ぜひチェックしてくださいね。

[+] もっと詳しく

未成年者が新旧所有者に含まれる場合

未成年者の方が新旧所有者にいる場合は、以下の3つの書類を準備してください。

  • 未成年の方の戸籍謄本
  • 父親または母親の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
  • 同意書(印鑑証明書と同じ実印を押してあるもの)

さてこの後は名義変更の流れ・費用をご紹介します!
ぜひチェックしてくださいね。

[+] もっと詳しく

所有者の方が亡くなられた場合

所有者の方が亡くなられた場合は以下の2つの書類を用意してくださいね。

  • 亡くなられた方の戸籍謄本
  • 遺産分割協議書

さてこの後は名義変更の流れ・費用をご紹介します。
ぜひチェックしてください。

[+] もっと詳しく

車の名義変更の流れ・費用

手続き

ここからは名義変更を行う流れと費用をご紹介していきます。
失敗せずスムーズに手続きするためにも、ぜひご確認ください!

車の名義変更を手続きする流れ

名義変更は状況によって流れも変わってくるので、以下の状況別にご説明していきます。

知りたい見出しをクリックすると、それぞれの項目にジャンプできます。

▶住所・氏名が変わる場合(厳密には変更登録といいます)
▶知人・オークションなど個人取引で車を譲り受ける場合
▶家族が使っていた車を譲り受ける場合
▶亡くなった家族の車を譲り受ける場合

住所・氏名が変わる場合
引越し

車の所有者はそのままで、登録していた住所や氏名が変わる場合も手続きが必要です。

この場合、名義変更(移転登録)ではなく変更登録になります。

注意点

  • 事前に車庫証明を用意する
  • 所有者の住所とは別に、使用者の住所や氏名が変更されたときも変更登録が必要
  • 
住所・氏名変更してから、15日以内に運輸支局に申請しなければならない
引っ越しや結婚などでバタバタしてしまうと思いますが、余裕を持って早めに変更登録をしましょう♪

<住所変更の手続きの流れ>

  1. 書類を準備する

  2. 最寄りの運輸支局(軽自動車検査協会)へ

  3. 書類を提出する

  4. 新しい車検証が交付される

  5. 税金の申告をする

  6. ナンバープレートを交換する

    引っ越す前の管轄と同じ運輸支局(軽自動車検査協会)ナンバーの場合、交換しなくてもOKです。

<氏名変更の手続きの流れ>

  1. 書類を準備する

  2. 最寄りの運輸支局(軽自動車検査協会)へ

  3. 書類を提出する

  4. 新しい車検証が交付される

  5. 税金の申告をする

知人・オークションから中古車を譲り受ける場合
譲り受ける

知り合いから譲り受ける、オークションで中古車を購入する場合など、お店を通さず個人間でやり取りする際は以下に注意しましょう。

注意点

  • 基本的には新所有者(購入者)が名義変更などの手続きを行う

  • 代金を支払ったとしても、名義変更をしないと新所有者の所有物にならない

  • 名義変更をしないと旧所有者に納税義務や事故責任が生まれる

中古車販売店で買うと名義変更も代行してやってくれますが、個人取引だと名義変更を自分でやらなくてはいけないので、面倒くさがってやらない方が多いです。

旧所有者も新所有者が名義変更したと思っていたら、4月になって自動車税の納税通知書が送られてきてびっくり!

トラブルを避けるため、新所有者が責任をもって名義変更を行いましょう!

名義変更の流れ

  1. 書類を準備する

    普通自動車や軽自動車により必要書類は違うので、きちんと確認しましょう。

  2. 最寄りの運輸支局(軽自動車検査協会)へ

  3. 配布された書類を記入、持参した書類と合わせて提出する

  4. 税金の申告をする

  5. ナンバープレートを交換する

    旧所有者の管轄と同じ運輸支局(軽自動車検査協会)のナンバーの場合、交換しなくてもOKです。

家族が使っていた車を譲り受ける場合

家族から車を譲り受ける場合、車の名義変更はもちろん自賠責保険や任意保険(自動車保険)の名義も変更しなければなりません。

その中でも任意保険は家族間で引き継ぎもできるため、引き継ぐのか新たに加入し直すのか決めましょう。

引き継ぎの基準

引き継ぎするor引き継ぎしないの基準は、等級が7級以上かどうか
保険の等級は6級からスタートで、7級以上から割引になるので引き継いだほうがおトクですよね。

車と一緒に任意保険も引き継ぐ場合、同居している家族に限ります
夫婦は別居していても引き継ぎ可能です◎

中には引き継げない保険もあるので、加入している保険会社に確認をとってみましょう。

[+] もっと詳しく

保険の名義変更を忘れてしまうと、事故が起きた際に補償を受けられない可能性があるので、早めに手続きをすませましょうね。

名義変更の流れ

  1. 書類を準備する

    普通自動車や軽自動車により必要書類は違うので、きちんと確認しましょう。

  2. 最寄りの運輸支局(軽自動車検査協会)へ

  3. 配布された書類を記入、持参した書類と合わせて提出する

  4. 税金の申告をする

  5. ナンバープレートを交換する

    旧所有者の管轄と同じ運輸支局(軽自動車検査協会)のナンバーの場合、交換しなくてもOKです。

  6. 引き継ぐ場合、任意保険の名義変更をする​​​​

亡くなった家族の車を名義変更する場合
名義変更

車の持ち主が亡くなった時点で、その車は相続人(配偶者・子供・親・兄弟)全員の共有財産になります。

名義変更をしないと相続人の財産として認められないため、早めに手続きをしましょう。

名義変更の流れ

  1. 書類を準備する

    普通自動車や軽自動車により必要書類は違うので、きちんと確認しましょう。

    相続人全員で相続する場合、全員分の書類が必要です。

  2. 最寄りの運輸支局(軽自動車検査協会)へ

  3. 配布された書類を記入、持参した書類と合わせて提出する

  4. 税金の申告をする

  5. ナンバープレートを交換する

    旧所有者の管轄と同じ運輸支局(軽自動車検査協会)ナンバーの場合、交換しなくてもOKです。

相続人が複数の場合でも、手続きは代表1人でOKです。
名義変更をしないと一時抹消登録や永久抹消登録ができないため、落ち着いたら早めに手続をしましょう。

手続きは代行業者にお任せするのもあり

代行業者

ここまで自分で名義変更をする方法について説明してきました。

やっぱり自分で名義変更するのは厳しいかもしれないな…。
そんな方は代行業者に依頼するのがいいかもしれません。
書類の準備や手続きなどすべて代行してくれます♪

車の名義変更は行政書士の資格をもった人がいる代行会社に依頼しましょう。
「名義変更 車 代行 地域名」で検索すると、最寄りの行政書士の会社がヒットすると思います。

自分で手続きしたとしても7000円〜はかかるので、業者に頼むとなると2,3万円〜は見積もっておきましょう。

まずはいくつかの会社に電話やメールで無料相談してから、見積り金額や対応の様子をみて1番納得のできる会社にお願いするのがオススメです。

<自分で名義変更するメリット・デメリット>

◯手数料がそこまでかからない
✖書類の準備や手続きが難しい

<代行に依頼するメリット・デメリット>

◯自分で用意しなければならない以外の書類を用意してくれて、手続きもやってくれるので手っ取り早くラクチン
✖手数料がかなりかかる

では次に、名義変更にかかる費用を具体的にご紹介しますね。

車の名義変更にかかる費用

名義変更にかかる費用のめやすを以下の表にまとめました。
ぜひ参考にしてみてください。 

普通自動車 軽自動車
印鑑証明書 500~1,200円 500~1,200円
車庫証明書発行 3,000円 500円

※地域によっては不要なところもある。

住民票発行 200~300円 200~300円
申請書取得と手続き 550円 550円
ナンバープレート変更 2,000円 2,000円
移転登録(名義変更)申請手数料 500円 500円
合計 6,750~7,550円 4,250~5,050円

普通自動車と軽自動車ではかかる費用がかわってきます。
普通自動車は高くても8,000円ぐらい、軽自動車は5,000円ぐらいかかると覚えておけば◎

地域によっても値段は変わってくるので、あくまでも目安としてお考えくださいね。
なお代行をお願いする場合は、2〜30,000円ほどの手数料がかかります。

車の名義変更はなぜ必要なのか?

名義変更(別名:移転登録)とは、車の所有者を変更するとき行います。
車を売買・譲渡するときや故人から相続するとき、必ず行わなければなりません。

「変更するのかなり面倒くさそうだし、できることならしたくないな…。」
「そもそもなんで名義変更しないといけないの?」

そうですよね…。なんでわざわざ面倒くさい手続きをしないといけないの?と思いますよね…。

ですがきちんと名義変更しないとのちのち大変な目に…!

というのも名義変更は法律で定められており、反すると罰金が課せられるため。

新規登録を受けた自動車(以下「登録自動車」という。)について所有者の変更があつたときは、新所有者は、その事由があつた日から十五日以内に、国土交通大臣の行う移転登録の申請をしなければならない。

引用元:道路運送車両法第2章第13条1項

これを破ると道路運送車両第2章第109条2号により、50万円以下の罰金が課せられることがあります。

えっ50万円も??
そうなんです!
たかが名義変更、されど名義変更ですね…。

罰金の他にも、名義変更しないことでおこるトラブルはたくさんあるのでご紹介します。

支払いに関するトラブルが起きてしまうため

支払い

知人から譲り受けた車を名義変更しなかった場合、以下のような状況になってしまいます。

  • 税金の支払いの通知が前所有者のところに届く
  • 交通事故や違反をしたとき、慰謝料や違反金の支払いが前所有者のところに届く

車検証やナンバープレートの登録情報が前の所有者のままなので、税金や違反金の支払いもすべて前の所有者のところへ届いてしまうんです。

前の所有者はたまったもんじゃないな〜

民事裁判に発展してしまうこともあるので、社会的信用を失う前にきちんと名義変更をしましょうね。

廃車手続きがスムーズにできないため

手続き

たとえば家族が亡くなって、家族名義の車をやむを得ず廃車にしなければならない…というとき。
相続してからでないと廃車手続きができないため、相続人へ名義変更が必要です。

4月の自動車税がかかる前に一時抹消登録(一時的に車の使用と税金の支払いをストップする手続き)をしたい!となっても、名義変更してからでないと手続きができないため、余分な税金を支払わなければならないことも…。

前所有者とのトラブルを防いだり、手続きをスムーズにすすめるためにも、名義変更は大切なんです!

トラブルが起こってからでは遅いので、早めに(15日以内)に名義変更をするようにしましょうね♪

まとめ

車の名義変更について説明してきましたが、いかがでしょうか?
必要な書類やかかる費用など、しっかり確認しておきましょうね。

さいごに、名義変更を考えている方の中には、このような方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「知人から車を譲り受けたので、もともと使っていた車を廃車にしたい。
「亡くなった家族の車を名義変更したあと買い取ってほしい。
「亡くなった家族の車を相続することになったけど、車に乗らないし管理もできないので廃車にしてほしい…。

そんな方はぜひ廃車の窓口へご相談ください。
名義変更は承ってはいませんが、そのあとの廃車手続きや車の買取は行っているので、お気軽にお問い合わせくださいね。

そのほか廃車に関するご質問やご相談がありましたらぜひ♪
スムーズに手続きができるようお力になりますよ。

それでは!

この記事を監修した車の専門家

スタッフの写真

斎藤たくや

カーソムリエの斎藤です。車の名義変更をする場合は、何枚もの書類を用意しなければなりません。手続きの準備を進めているときにうっかり忘れてしまう場合も多いですから、書類に抜けがないか一枚ずつ確認しましょう!

更新日

2021年1月26日

おトクに廃車するためのコラム一覧

他のコラムを見る

30秒で入力完了。ラクラク無料査定。

1

2

3

4

↓↓申し込み後に買取額がすぐ分かる↓↓

ご入力いただく個人情報は買取査定のために利用し
プライバシーポリシーに則り厳重に管理します。

  • 状態を選択
  • メーカーを選択
  • 車種を選択
  • 走行距離を選択

私の車はいくらで売れるのかな?買取事例をご紹介

廃車の窓口スタッフ プロの私たちがあなたの廃車をサポート かんたん入力30秒無料査定をはじめる 廃車の窓口スタッフ

対応地域

北海道 近畿
東北
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
中国
関東 四国
中部北陸 九州沖縄