廃車の窓口®

日本全国の廃車すぐ対応!

お電話で買取額をご案内致します。通話無料。

受付
時間

365日年中無休

9:00~22:00

お電話で買取額をご案内致します。通話無料。

受付時間

お電話で買取額をご案内致します。 9:00~22:00 365日年中無休

車売却の必要書類まとめ!紛失時の対処と買取額アップにつながる書類

更新日

2021年5月7日

車の売却に必要な書類

「車を売りたい!」
「ただ、どんな書類が必要なのかわからない…」

車の売却にはいくつか書類が必要とわかっていても、具体的にどこで何を揃えればいいかわからないですよね。
失くしていた場合は?再発行できるの?といった疑問もあるはずです。

この記事では「廃車の窓口」の橋本が、車の売却に必要な書類を解説します。
記事に沿っていけば必要書類をすべて揃えられるのでご安心ください。

まずはじめに、車の売却に必要になるすべての書類を一覧でお伝えします。

基本的な必要書類
※()内は軽自動車の場合
  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証
  • 自動車リサイクル券
  • 自動車納税証明書(軽自動車税証明書)
  • 実印(認印)
  • 印鑑登録証明書(住民票の写し)
  • 委任状、譲渡証明書(自動車検査証記入申請書)
状況によって追加で必要になる書類
  • 車庫証明書
  • 住民票
  • 戸籍の附票
  • 戸籍謄本
買取金額アップにつながる書類
  • 整備手帳もしくはメンテナンスノート
  • 取扱説明書
  • 保証書

各書類の有効期限紛失時の対処はこのあと詳しく解説していきます。
売却の手続きはなかなか面倒ですが、スムーズに書類を揃える手助けができれば幸いです。

「車がいくらで売れるか知りたい…」そんな方は私たち「廃車の窓口」の無料査定フォームからお申し込みください!30秒で入力するだけで、あなたの車の査定額をチェックできます◎
▶︎ラクラク無料査定を試してみる
 


廃車のプロフェッショナル。廃車の窓口のポリシー。

当サイト『廃車の窓口』は、廃車のプロフェッショナルが加盟するネットワークです。

「廃車をしたいけど書類や手続きがややこしすぎる…。」
「専門用語が多くて、全然わからない!」

そんなあなたのために、廃車のお役立ち知識を丁寧にわかりやすくお教えします。

廃車買取の3つの約束
  • 面倒な廃車手続きを無料代行!
  • レッカー代無料で動かない車もOK
  • 事故車・故障車・放置車など
    どんな車にも必ず値段がつきます!
> 廃車の窓口のサービスについて詳しくみる! 廃車の窓口スタッフ

車を売却する時に必要な書類

車の売却時に揃える書類として基本的なものは以下の通りです。
※()内は軽自動車の場合の必要書類

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証
  • 自動車リサイクル券
  • 自動車納税証明書(軽自動車税証明書)
  • 実印(認印)
  • 印鑑登録証明書(住民票の写し)
  • 委任状、譲渡証明書(自動車検査証記入申請書)

また、場合によっては追加で書類が必要となるケースがあります。
すでに上記の書類を揃えている方はこちらもご覧ください。

追加で書類が必要なケース

では、基本的な必要書類それぞれの入手先や有効期限、紛失した場合の再発行方法など詳しく解説します。

自動車検査証

車検証

自動車検査証(車検証)は車の運転に必要な検査を受けたことの証明書類です。
車検を通した際に、運輸支局または軽自動車検査協会から発行されます。
グローブボックスに入れたままという方がほとんどではないでしょうか。

紛失していた場合は再発行にやや手間がかかるため、早期に手続きを進めましょう。

紛失した場合

車検証を紛失した場合は、現在のナンバーを管轄している運輸支局または軽自動車検査協会で再発行の依頼を行いましょう。
ご自分で手続きする場合は、以下の書類が必要です。

<普通自動車の場合>

<軽自動車の場合>

なお再発行には再交付手数料として300円程度かかります。
窓口の受付は平日のみで、受付時間は9:00〜16:00ですのでご注意ください。

[+] もっと詳しく

自賠責保険証

自賠責保険証

正式には「自動車損害賠償責任保険証明書」と言います。
自賠責保険は自動車をお持ちの方は必ず加入する保険のため、ドライバー全員がお持ちの書類です。

おそらく車検証と一緒に保管されている方が多いかと思いますが、紛失していないか事前に確認しておきましょう。

紛失した場合

自賠責保険証を紛失していた場合は、契約している保険会社に再発行の手続きを申し込みましょう。
もし保険会社がわからない場合は、自動車を購入したお店に連絡してみてくださいね。

保険会社に連絡すると再発行に必要な書類が伝えられるかと思いますので、漏れがないよう用意しましょう。

なおほとんどの保険会社は無料で再発行してくれます。
ただし一部手数料が必要なケースもあるので、前もって確認してみてください。

[+] もっと詳しく

自動車リサイクル券

車のリサイクル券

自動車リサイクル券は、自動車リサイクル法で定められている料金の支払いを証明する書類です。
車種によってはリサイクル料金を預託していないケースもありますが、基本的には新車・中古車を問わずリサイクル料金を支払っています。

車の購入時に車検証とあわせて受け取るため、車検証と一緒に保管されている方が多いです。

紛失した場合

自動車リサイクル券は紛失しても問題ありません。
というのも、自動車リサイクルシステムのサイトからオンライン上で情報を確認できるためです。
車の売却先にリサイクル券紛失の旨を伝え、情報を照会してもらってください。

場合によっては照会した情報の印刷・提出を求められることがあります。
その際はご自分で上記のサイトから情報を照会し、印刷しておきましょう。(※利用可能時間7:00〜24:00)

なお情報の照会には車検証記載の車両情報が必要です。
車検証を紛失している方は先に再発行の手続きから進めましょう。

[+] もっと詳しく

自動車税納税証明書(軽自動車税納税証明書)

自動車税納税証明書

自動車税納税証明書は、自動車税を納めた際の控えとなる書類です。(軽自動車の場合は軽自動車税納税証明書)

税金が支払われたことを示すものなので、車を売却する際は最新の納税証明書を用意しておきましょう。
※基本的に自動車税の滞納がある車を手放すことは不可能です。

紛失した場合

自動車納税証明書は、運輸支局または軽自動車検査協会、自動車税管理事務所、各都道府県の税事務所で再発行できます。
以下の書類を用意して手続きを行いましょう。

  • 車検証
  • 実印(軽自動車の場合は認印でも可)
  • 本人確認の書類(免許証など)

また、少し時間はかかりますが郵送での再発行請求も可能です。
必要書類と、切手を貼った返信用封用を送付すると納税証明書を返送してもらえます。

[+] もっと詳しく

実印(軽自動車は認印)

普通自動車の場合は実印、軽自動車の場合は認印を持参しましょう。
書類の記入に必要なほか、記入に誤りがあった場合の訂正に使用します。

ちなみに実印とはお住まいの市区町村で登録した印鑑のことです。
軽自動車の場合は認印で構いませんが、シャチハタはNGなのでご注意ください。

印鑑登録証明書(軽自動車は住民票の写し)

普通自動車の場合は、発行後3ヶ月以内の印鑑登録証明書を持参しましょう(役所にて発行、手数料約300円)。
これは前述した実印が、市区町村に登録されている印鑑であることを証明する書類です。

また軽自動車の売却では、現住所を証明できる書類の提出が求められます。
印鑑証明でも問題ないのですが、住民票の方が発行に手間・時間がかかりません。
お住まいの地域の役所、またはコンビニ等で入手しましょう。

住民票は原本ではなく写しで問題ありません。
ご家族がいる方は、自身の情報だけが記載された写しを用意してくださいね。

委任状、譲渡証明書、自動車検査証記入申請書

ここまではご自身で準備する書類をお伝えしましたが、売却先のお店や業者が用意して記入&押印する書類もございます。
それが委任状と譲渡証明書(普通自動車)、自動車検査証記入申請書(軽自動車)です。

これらは名義変更や廃車の手続きを業者に委任すること、車を買取先に譲渡することの証明に必要な書類。
売却先のスタッフの指示に従い、記入・押印を行いましょう。

以上で基本的な必要書類がすべて揃ったことになります。
ただし以下に当てはまる場合は追加でいくつか書類が必要です。
  • 車の名義人が違う
  • 車検証の住所と現住所が違う
  • 車検証の名前と現在の名前が違う
  • 業者を通さず個人間で売買する

このあと必要なものを詳しく解説していきますね。
もしどれにも当てはまらない場合は、プラスアルファで用意するとおトクな書類を見ていきましょう。

買取金額アップにつながる書類

売却の際に追加書類が必要なケース

では、上記の基本的な必要書類に追加して書類が必要なケースを解説します。
ご自身の状況に当てはまる箇所をご覧くださいね。

車の名義人が違う

車検証記載の名義がご自身の親であったり、車をローン購入した場合は名義がローン会社になっていたりなど、あなた自身ではないケースが多々あるかと思います。
このような場合はまず車の名義をあなた自身に変更しましょう。

名義が親の場合

親子で使っているような車を売却する場合は、子供名義への名義変更をおすすめします。
というのも、他人名義の車を許可なく勝手に売ることはできないためです。
保険料が安くなったり、廃車手続きがスムーズになったりする可能性もありますよ。

名義変更に必要な書類は以下の通りです。

  • 譲渡証明書(旧所有者の実印が押印されているもの)
  • 新旧所有者の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)
  • 新旧所有者の委任状(旧所有者の実印が押印されているもの)
  • 車検証
  • 新使用者の車庫証明書

さらに保険の名義人も確認し、保険会社に名義変更の連絡を入れましょう。
名義人が親のままだと、万が一あなたが運転している際に事故を起こした場合に保険が適応されない可能性もあります。

あなたが運転する機会がもう無いのであれば、解約の連絡を。新しいお車に乗り換える場合はその旨を伝えて車両入れ替えの手続きを行います。

名義変更が完了したら車の売却を進めましょう。
名義変更もあわせて行ってくれる業者もあるため、業者選びの際はその点も確認するのがおすすめです。
 

名義がローン会社やディーラーの場合

ローンで車を購入した場合、車の所有者は基本的にローン会社やディーラーです。
もちろん購入者が車に乗ることは問題ないですが、売却には所有権を自分へ変更する必要があります(所有権解除の手続き)。

注意したいのはローンを完済していないと所有権解除ができないということ。
また、完済していても自動的にあなたに所有権が移る訳ではありません。
ローンを完済したのち、ローン会社やディーラーに連絡して所有権解除を申し込みましょう。

一般的には必要書類を案内されるため、その通りに揃えて手続きを進めてください。
所有権解除が完了したのち、車を売却できるようになります。
 

[+] もっと詳しく

車検証の住所と現住所が違う

車検証記載の住所と現住所が違う場合、何回住所が変わったかによって必要な書類が異なります。
というのも、車検証記載の住所から現住所までのつながりを証明する書類が必要なためです。

1回だけ変わった場合

住所が1回だけ変わった場合は住民票を用意しましょう。

住民票は住んでいる市区町村の窓口で発行できます(約300円程度)。
住民票の発行には、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど本人確認できる書類が必要です。

2回以上変わった場合

住所が2回以上変わった場合は、戸籍の附票が必要です。

戸籍の附票は住所移動の履歴を記したもので、本籍地がある自治体の窓口で請求できます。
発行に必要なものは次の通りです。

  • 交付請求書
  • 本人確認できる書類

また発行手数料として数百円が必要です。

[+] もっと詳しく

車検証の名前と現在の名前が違う

結婚や離婚をした際に姓が変わり、車検証に記載されている名義が異なるケース。
この場合、戸籍謄本を用いて車検証の持ち主であることを証明する必要があります。

以下の書類を用意し、本籍の市区町村の役所で戸籍謄本をもらいましょう。

  • 申請用紙
  • 本人確認できる書類
  • 印鑑

[+] もっと詳しく

業者を通さず個人間で売買する

個人間で車の売買をする場合、買主・売主の双方が新たに書類を用意する必要があります。
なぜなら個人間の売買では名義変更が必要だから。

書類をまとめて用意し、スムーズに手続きを進めましょう!

買主が用意する書類

必要な書類は以下の通りです。

  • 車庫証明書(車両の保管場所を証明するための書類)
  • 実印
  • 印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)

車庫証明書については所轄の警察署でもらえます。
ただしすぐもらえるわけではなく、申請書類を提出後に警察署の担当者が現地調査をし受理され次第発行となります。
交付までに1週間程度はかかることを覚えておきましょう!

売主が用意する書類

売主が用意する書類は住民票、もしくは戸籍謄本です。

ただしこちらは必須というわけではなく、車検証に記載された住所と現在の住所が異なる場合に必要になってきます。
お住まいの地域の役所にて発光してください。

車の個人売買についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。
個人間での売買を考えていた方は、ぜひご参考ください。

[+] もっと詳しく

買取金額アップにつながる書類

売却に必須な書類をご紹介してきました。
どんな書類が必要なのか、なんとなくでもつかめたでしょうか?

ここからは用意しなくても問題ありませんが、買取先に提出することで買取金額がアップするかもしれない書類についてご紹介します!

整備手帳(メンテナンスノート)

整備手帳(メンテナンスノート)

整備手帳(メンテナンスノート)は定期点検整備記録簿が書かれた書類。
カンタンにいうと、いつどこの点検をしたか一眼でわかる書類というわけです。

定期点検整備記録簿には、12・24ヶ月点検などの法定点検整備の記録や、リコール整備の記録が載せられます。
さらに、オイル交換や消耗部品の交換の記録も残るんですね。

メンテナンスノートは車をどのように乗ってきたかを表すもの。
大切に乗ってきたことが証明できれば、買取価格アップにつながります
グローブボックスの中や車検証の間を確認し、この書類が保管されているか確認しましょう!

なおこちらの書類は紛失していても問題はありません。

取扱説明書

取扱説明書は、その名の通り車のマニュアル。
車検証などと一緒に保管されているかとは思いますので、売却時にはしっかりと提出しましょう。

もし紛失していると、買取査定でマイナス評価をつけられる場合もあるんです…!

保証書

保証書は、車の保証期間を示す書類です。
保証内容はメーカーやディーラーにより異なりますが、一定の走行距離・期間で、メンテナンスの無償提供や消耗パーツの無償交換をしてくれます。

保証期間内であれば、買取業者の方で買取査定額がアップする可能性もあります!

もし保証書を紛失した場合もご安心ください。
車を購入したディーラーで再発行できることがあります!
紛失したときはまずディーラーに問い合わせましょう。

車を売却する流れ

ここまで売却で必要な書類についてご紹介してきましたが、実際に売却する場合はどのような流れで進めるといいのでしょうか?

実際には以下のような流れで進めることが多いです。

  1. 売り方を決める
  2. 売る相手を決める
  3. 必要な書類を準備する
  4. 車を引き渡す
  5. 入金を確認し完了

詳しくご説明しますね!

売り方を決める

最初に決めるのは「売り方」です。
車の売却には下取り・買取の2種類があります。
それぞれの違いは以下の通りです!

  • 下取り:次に車を買うお店で、新しい車と引き換えに今の車を引き取ってもらう
  • 買取:今の車を売却する

下取りはディーラーへの依頼が主流。
車の買取額を新しい車の購入金額から差し引いてもらえます。
車の購入と廃車手続きが同時にできるため労力がかかりません。一方で、社外品パーツや中古車相場が反映されないなど、査定額は低くなる傾向にあります。

買取は中古車専門店や廃車買取業者などで行います。
パーツごとにプラス査定がある・査定額の基準が下取りより細かいなど、高額査定が期待できます。

多少労力はかかりますが、金額を重視するのであれば買取がオススメです。

なお売却するときの代行先については、以下の記事でも詳しくご紹介しています!ぜひ参考にしてくださいね。

売る相手を決める

販売店

売り方を決めたら売却先の業者を決めましょう。
買取金額は業者によって微妙に異なるため、よりお得に売るに慎重に選ぶ必要があるんです。

ちなみに各業者・店舗では、無料査定フォームがホームページによく設置されています。
ここから車種・年式・走行距離など項目を入力するだけで査定ができるんです!

無料で利用できるかと思いますのでぜひ試してみてください。

なお「廃車の窓口」では、無料で査定を受け付けております
お車の買取金額について知りたい方は、下のリンクからチェックしてみてくださいね。
無料査定フォームをチェックしてみる

必要な書類を準備する

売る相手を絞ったら、必要な書類を準備します。
後回しにして手続き時に書類が足りない、なんてことにならないよう早めに用意しましょう。

先ほどご紹介した書類を参考に、漏れなく揃えてくださいね!

車を引き渡す

契約を結び、書類の準備が完了したら車を引き渡します。
引き渡す日程は買取業者側と相談して、確実に時間を確保できるスケジュールにしましょう。

契約から2日〜2週間内の引き渡しが一般的です。

ちなみに時期によっては、買い取った車を出品するオークションの関係から、引き渡し期間を指定されるケースもあります。

また引き渡しの期日が決まったら、その日までに車内を片付けておきましょう。
忘れ物があると買取業者側は無断で処分できないため、引き渡しに時間がかかってしまいます!

入金を確認し完了

売却が済んだらお金が支払われますので、入金を確認します。
多くの場合、売却後の3〜4営業日に入金されるようです。
不安な方は、事前に業者側とすり合わせをしておきましょう!

もし、入金日を過ぎてもお金が振り込まれない場合は、すぐに問い合わせましょう。
即座に対応してもらえるはずです。

一方で、問い合わせたにも関わらずお金が振り込まれない場合や、事前に聞いていた買取額と振り込まれた金額が違う場合は、トラブルの可能性があります。
おかしいと感じたら、「国民生活センター」などに相談しましょう。

まとめ

車

ここまで車の売却に関する情報を詳しくご紹介してきました。 

この記事をお読みになって、「色々考えたけど、迷ってしまった…。」「手続きについて色々聞きたい!」という方は、私たち「廃車の窓口」へご相談ください。

故障車、過走行車、事故車など…。
どんな車でも0円以上の買取金額をつけさせていただきます!

まずはお気軽に、査定フォームから愛車のお値段を確認してみてくださいね。
▶「廃車の窓口」のサービスについて詳しく見てみる!

もちろん、お電話での相談もOK。どんな小さな悩みでもお申し付けください!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

この記事が、あなたの悩みを解決する一つの手立てとなれば嬉しいです。
それでは、またお会いしましょう!

この記事を監修した車の専門家

スタッフの写真

斎藤たくや

カーソムリエの斎藤です。車の売却には必要な書類が数多くありますので、漏れがないよう準備しましょう!ちなみに車が高く売れるのは1〜2月・7〜8月ですので、少しでも高く売りたい方は時期も考慮してくださいね。

更新日

2021年5月7日

おトクに廃車するためのコラム一覧

他のコラムを見る
5分でわかる廃車手続き方法

30秒で入力完了。ラクラク無料査定。

1

2

3

4

↓↓申し込み後に買取額がすぐ分かる↓↓

ご入力いただく個人情報は買取査定のために利用し
プライバシーポリシーに則り厳重に管理します。

  • 状態を選択
  • メーカーを選択
  • 車種を選択
  • 走行距離を選択

私の車はいくらで売れるのかな?買取事例をご紹介

廃車の窓口スタッフ プロの私たちがあなたの廃車をサポート かんたん入力30秒無料査定をはじめる 廃車の窓口スタッフ

対応地域

北海道 近畿
東北
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
中国
関東 四国
中部北陸 九州沖縄