廃車の窓口®

日本全国の廃車すぐ対応!

不動車は買い取ってもらえる!相場と高く売るコツ、注意点を解説

更新日

2020年12月3日

廃車買取の専門家が丁寧に教えます!

>>この人が書いた他の記事

不動車

「不動車を手放したいんだけど、買い取ってもらえるのかな?」
「どこにお願いすればお金になりやすいんだろう…」

こんにちは!「廃車の窓口」の村上です。
不動車をお金にして手放したい…こう考えている人は多いのではないでしょうか?
まさに!困っているところだったんだ…。
もう動かない車でも、お金にできるのか気になるな。

そもそも不動車とは、事故や故障で動かなくなってしまった車や、車検切れで法的に動かせなくなった車を指します。
結論からお伝えすると、不動車でも買い取ってもらうことが可能です。

ただし、方法によっては手数料などでお金を取られてしまうケースもかなり多いんですね…。

この記事では、不動車を買い取ってもらう方法買取相場、注意点を紹介します。
高く売るコツなんかもお伝えしますので、おトクに車を手放したい方はぜひご覧ください!

あなたが損することなく不動車を買い取ってもらう手助けができれば幸いです。
それではまいりましょう!

※私たち「廃車の窓口」でも不動車の買取を受け付けています。
「車の鍵がない」「ずっと放置していた」などどんな車でも無料で引き取りに伺いますので、お気軽にご相談くださいね。

廃車のプロフェッショナル。廃車の窓口のポリシー。

当サイト『廃車の窓口』は、廃車のプロフェッショナルが加盟するネットワークです。

「廃車をしたいけど書類や手続きがややこしすぎる…。」
「専門用語が多くて、全然わからない!」

そんなあなたのために、廃車のお役立ち知識を丁寧にわかりやすくお教えします。

廃車買取の3つの約束
  • 面倒な廃車手続きを無料代行!
  • レッカー代無料で動かない車もOK
  • 事故車・故障車・放置車など
    どんな車にも必ず値段がつきます!
> 廃車の窓口のサービスについて詳しくみる! 廃車の窓口スタッフ

不動車を買い取ってもらうなら廃車買取業者へ

不動車を買い取ってもらいたい場合は、廃車買取業者へ相談するのが1番の近道。
というのも、このような車の買取は廃車買取業者が得意とするジャンルなんです。

不動車の見積もりを取る買取業者

ただ、「ディーラーには買い取ってもらえない?」「自分でオークションに出品するのはどう?」などさまざまな疑問が出てきますよね。
数ある方法の中でもなぜ廃車買取業者へ相談するのが1番なのか、解説します。

廃車買取業者ならどんな車でも買取可能

廃車買取業者では、不動車はもちろんどんな状態の車でも引き取りを受け付けています。

なんで動かない車なのに引き取ってもらえるのか気になるな。損にはならないのか?
たしかに気になりますよね。走行できないお車でも、部品や資源として価値があるので引き取れるんですよ。

廃車買取業者では、お車の部品や鉄素材を国内外に流通させる販売ルートを保有しています。

車はたくさんの部品が使われていて、部品は中古車部品市場で高値で取引。
日本車や日本車のパーツは、日本国内だけではなく海外での買取需要も大きいんです。

さらに車には鉄をはじめ多くの金属が使われているので、資源としても十分に再利用できます。

事故や故障などなんらかの不具合で動かなくなった車は、通常であれば解体処分するしか方法はありません。
しかし廃車買取業者なら車の状態に合わせて最適なルートを選んで販売できるため、不動車でも引き取れる…というわけなんですね。

私たち「廃車の窓口」でも不動車の買取を受付中。
ご指定の場所まで訪問いたしますので、レッカー車の手配などはご不要です。

不動車の買取を相談したい!という方はぜひ、お気軽にご相談ください。

下取りやオークション出品をおすすめしない理由

不動車を手放す手段としては、ディーラーに下取りしてもらう方法やフリマやオークションサイトに出品する方法も挙げられます。
ですが、買取価格や手軽さを総合的に考えるならあまりおすすめできないんです…。

ディーラー下取りの場合、新車購入とセットで不動車を手放せるため手続きが楽です。

しかし下取りで買取価格が期待できるのは「中古車として再販できる車」のみ。
動かない車は基本的に買取金額がつかず、場合によっては処分費用がかかることを覚えておきましょう。

また、フリマやオークションサイトでは販売価格をあなた自身で決められるのが大きなメリットですよね。
一部のマニアやファンが高値で買い取ってくれるケースもあるため、業者の買取相場より高値で手放せるかもしれません。

ただし、ほぼすべての手続きを自分で済ませなければならないのが面倒な部分です。

不動車を配送するのはもちろん、価格交渉や書類の準備など、やることだらけでかなり時間が取られるかと思います。
購入者とのトラブルも多く、「こんなことなら買取業者にお願いすればよかった…」なんて気疲れしてしまうことも。

めんどくさがりの私にフリマ出品は難しいな。下取りも、買取価格がつきにくいのはちょっと…。
買取価格と手軽さを両立させるなら、やっぱり買取業者への依頼がおすすめです。

…とはいえ「いくら位で買い取ってもらえるんだろう?」と買取相場も気になるところではないでしょうか。
買取相場についてはこのあと詳しくお伝えするので、おトクに不動車を手放したい方はチェックしてみてくださいね。

不動車の買取相場と高く売るコツ

では、不動車の気になる買取相場と高く売るコツを紹介します。

不動車の買取相場は数万円?

不動車の買取相場は、車種やその時々の鉄の時価によって大きく変動するものです。

不動車の一般的な買取相場は1万円〜5万円程度で、車検さえ通せばすぐ動かせる・年式が浅いなど状態がよければ10万円を超えるケースもあります。
買取金額が0円となる場合もありますが、多くの廃車買取業者ではディーラー下取りとは異なり処分料を取ることはないためご安心ください。

ちなみに、軽自動車は普通車に比べるとやや安くなる傾向があります。

もちろん場合によっては高額買取も期待できるので、まずは査定を申し込んでみるのがおすすめです。
▶︎30秒で完了!ラクラク査定フォームはこちらから

高く売るコツは「伝え方」と「車の整備」

せっかく車を手放すからには、少しでもお金にしたいですよね。
不動車を高く買い取ってもらうコツとして、次の3点を意識してみましょう。

  • 自分から希望査定価格を提示しない
  • 車両情報は正しく伝える
  • 汚れなどは可能な範囲で綺麗にしておく

こちらから希望価格を提示すると、その金額が上限となりやすいです。
つまり本来ならもっと高値で買い取ってもらえるはずだったのに、希望価格を伝えたばかりにその金額通りになってしまう…というわけですね。

もし希望価格を聞かれた場合は「なるべく高い方が…」と濁しておくといいでしょう。

加えて、車の年式や修理歴などは正しく伝えることをおすすめします。
年式が古くても、修理等で新しくなった部品があればプラス査定となることもありますよ。

また、実際に査定してもらう前には外装や内装の汚れ・サビなどを綺麗にしておきましょう。
とくに修理して中古車として活躍できそうな車は、傷や汚れが査定額に響く可能性があります。

ほんの少しの違いかもしれませんが、高額査定のチャンスを逃さないよう実践してみてくださいね。

不動車を買い取ってもらうときの注意点

不動車を廃車買取業者などに手放す際には、いくつか注意点があります。
「あの時こうしていれば…」なんて後悔することがないよう、注意点をおさえておきましょう。

全国対応で無料引き取りしている業者に依頼する

不動車を買い取ってもらう際は、次の2点をクリアしている廃車買取業者に依頼するのがおすすめです。

  • 全国対応で引き取りに来てくれる
  • 引き取りから手続き代行まで無料で対応している

車を動かせない状況だからこそ、引き取りに来てもらえたら助かりますよね。

そんな時「そちらの地域は対応していません」なんて言われたら悲しいですし、さらに引き取りにあたってレッカー料金がかかるのはもってのほかです。
せっかく買い取ってもらえたとしても、引き取り料金でプラマイゼロになる可能性があります。

また不動車は修理して中古車として活躍するケースもありますが、解体して廃車扱いとなるケースが多いです。
その場合買取業者が廃車手続きを請け負うことになりますが、中には手続き代行手数料として数万円を取る業者も…。

手間やお金をかけないためにも、全国対応で車の移動も手続きも無料で請け負ってくれる業者に依頼しましょう。

「廃車の窓口」では、引き取り・廃車代行を無料で対応しています。
全国47都道府県にお伺いできますのでお気軽にご相談くださいね!
▶︎不動車の廃車買取を依頼する

買取依頼をする時期に注意する

不動車を買い取ってもらう際は、なるべく早めに動き出すようにしましょう。
「どうせもう使わないし」「手続きとか面倒だし…」と放置されがちな不動車ですが、放置するデメリットは深刻です。

  • 車上荒らしの標的になる
  • ガレージ代や自動車税がかかる
  • 車の市場価値が下がる

普通車を廃車すると、前払いしている自動車税が月割りであなたに戻ってきます。
そのため「後でいいか…」と月をまたぐだけで還付金がガクッと低下。
数千円のお金を受け取れるチャンスが減ってしまうため、早めに動き出すようにしましょう。

また「車の市場価値が下がる」のは大きなデメリットです。
車の年式が新しいほど高値で買い取ってもらいやすいので、放置し続けるだけでじわじわと価値が下がってしまうんですね。

損をしないためにも、手放すのか?修理して使用するのか?を早めに判断して手続きを進める必要があります。

手放さずに修理した方がいいケースも

早めに手放すのがおトクな不動車ですが、以下のような場合は修理して乗り続ける方が金銭面で確実におトクです。

  • 修理でカンタンに故障が直る
  • 修理代金がそこまでかからない

とくに年式が浅い車は手放すのがもったいないですよね…!

不動車を手放して新しい車に乗り換えるとなると、[動かなくなってしまった車のローン残債+新車購入ローン]と金銭面の負担が大きくなります。
修理可能なのであれば、修理して乗り続けるのがおすすめです。

また、限定車や販売台数の少ない車種など希少性の高いお車は、少し高い修理費を負担してでも乗り続ける価値があるかもしれません。

いわゆるレア車は、処分してから「やっぱり処分しなければよかった」「あの車と同じスペックのものが欲しい…」なんて思っても手に入らない可能性が高いです。
修理して直ることが前提ではありますが、処分するのが惜しいような場合は修理して乗り続けることを検討してみましょう。

それでもやっぱり処分した方がいいな…と感じたら、おトクに処分できる廃車買取業者に引き取ってもらうことをおすすめします。

不動車の買取は全国対応の「廃車の窓口」にお任せ

「廃車の窓口」では不動車はもちろん、事故車や水没車などどんなお車でも引き取りを受け付けています。
なるべくカンタンに、損しない方法で不動車を手放したいという方は、私たちにお任せください。

不動車をご指定の場所まで引き取りに伺います

廃車の窓口では、全国47都道府県でお車の引き取りが可能です。
車が動かないという状況ですから、ご指定いただいた場所まで無料でお引き取りに伺います。(離島・レッカー車が入れない地域を除く)

最短翌日にお伺いしてお車を引き取り、7営業日以内に買取額と還付金をお振り込み。
年度末は混み合いますので、お早めにご連絡くださいね。

お申し込みはお電話(8時〜22時年中無休)もしくは査定フォームからご連絡ください!

お申し込み後、ご用意いただく書類などは以下の通りです。(普通自動車の場合)

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 所有者の印鑑証明書
  • 所有者の実印

状況によっては追加書類が必要なケースもあるため、オペレーターの案内に沿ってご用意いただければと思います。

「廃車の窓口」不動車の買取事例

最後に、私たち「廃車の窓口」での買取事例を2つご紹介します。
どちらも自走不可となってしまった不動車の買取事例です。

不動車になったインサイト
車種 ホンダインサイト
年式 H22
買取価格 70,000円
不動車になったBMW
車種 BMW5シリーズ
年式 H9
買取価格 70,000円

(買取価格は、年式・走行距離・お車の状態によって変動します)

動かなくなってしまったお車とはいえ、まだまだ価値のあるお車ばかり。
お家で眠っているお車がある方は、ぜひ私たち「廃車の窓口」へご相談くださいね!

年中無休で対応いたしますので、気になる方は一度お見積もりいただくことをおすすめします。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます!
不動車に関する疑問は解決されたでしょうか?

最後におさらいとして、次の3つを覚えておきましょう。

  • 不動車は「廃車買取業者」であれば損せずに買い取ってもらえる
  • 全国対応・無料引き取りの業者に依頼するとおトク
  • 損しないためには早めの依頼がおすすめ

不動車の価値は放置するほど下がってしまいます。
さらに、使用していないのに自動車税がどんどん課税されていく…という悪循環に。

お家に不動車がある方は、早めの買取依頼がオススメですよ!
▶︎「廃車の窓口」に不動車の買取を相談する

以上、「廃車の窓口」の村上がお伝えしました。
あなたの悩みが解決されるのを願っています。

この記事を監修した車の専門家

スタッフの写真

斎藤たくや

カーソムリエの斎藤です。動けないような不動車は放置するだけでも自動車税がかかり続けますし、車の市場価値が下がり続けてしまいます。放置している不動車が家にある方は、できるだけ早めに処分するのがオススメです!

更新日

2020年12月3日

おトクに廃車するためのコラム一覧

他のコラムを見る
5分でわかる廃車手続き方法

30秒で入力完了。ラクラク無料査定。

1

2

3

4

↓↓申し込み後に買取額がすぐ分かる↓↓

ご入力いただく個人情報は買取査定のために利用し
プライバシーポリシーに則り厳重に管理します。

  • 状態を選択
  • メーカーを選択
  • 車種を選択
  • 走行距離を選択

私の車はいくらで売れるのかな?買取事例をご紹介

廃車の窓口スタッフ プロの私たちがあなたの廃車をサポート かんたん入力30秒無料査定をはじめる 廃車の窓口スタッフ

対応地域

北海道 近畿
東北 中国
関東 四国
中部北陸 九州沖縄